ストリートファイター2実写版

コスプレしてハリウッドへ行こう!

今、時代は実写版のようです。実はアメリカでドラゴンボールが実写版になるというニュースを受けて、以前にレビューした実写版北斗の拳が各所で取り上げられているのです。驚きました。当然ここは二匹目のドジョウを狙おうとするのが資本主義社会ニッポンに棲むサイト管理人であるところのじゃまおくんですよ。こんにちはご無沙汰です。



そこで、今回選んだ素材が映画版「ストリートファイター」。ご存知の通りアーケードゲームで一世を風靡した「ストリートファイター2」の映画版です。実写・暴力・アメリカンテイストという、今求められる実写版映画の要素を全てを含んだ夢のような映画ですよ。しかも、実写版はゲームになって日本に逆輸入されました。素晴らしいですね!




で、この「ストリートファイター」主演はなんとあの、ハリウッドスターでプリンセステンコーの婚約者として有名なジャン・クロード・ヴァンダムです。無名俳優ばかりで作成された北斗の拳とは違って大物どころです。金かかってます。



ストーリーは、悪の組織で世界征服を企てるバイソン将軍(故:ラウル・ジュリア)とその組織を壊滅させる若き軍人ガイル大佐(ヴァンダム)の戦争物映画になってます。まあ、アメリカ人向け映画って事でガイルを主人公にするって設定はアリですよね。だけど、何なんでしょうこの銃撃戦の多さは?



一応タイトル「ストリートファイター」なんですけども、ストリートは全く関係なく、はじめっから思いっきり戦争物です。ガイル大佐もおっしゃってます「これは俺の戦争だ!」・・・・あーあダメだコリャ



ストーリーの80%ぐらいはバイソン軍とガイル率いる軍隊との銃撃戦やら爆発シーンで占められます。キャミィとかバズーカー使ってるんですけどいいんですかね?










 キャミイさん。とてもイイです。



最後の方で申し訳程度に各キャラクターの格闘シーンがあるんですが、散々、銃撃したり爆破したりした後に、急に生身の格闘おっぱじめても時既に遅くないですか?



というわけで急遽タイトルを変更させていただきます。「ストリートファイター」改め「バイソン君とガイル君の私怨で戦争とかやってみる?featuring春麗」これで映画の全てを物語ってます。







さて、ストーリーにあきらめがついたところで、おなじみのキャラ達に注目していきましょう。えーと、まずヴァンダム演じる主人公のガイル大佐。(ゲームでは少佐)








 テンコーなんて知りません






まあ、こんなもんですかね・・髪形とかゲームキャラに似せようという気が微塵も感じられませんが配役としてはまあ妥当です。



そして、天敵バイソン








 ベガ(日)→バイソン(米)




・・・おいコラ!ちょっと待て!





俺の記憶が確かならば、↑この人はベガって言うんじゃなかったか?

バイソンってのは↓本来こういうキャラのはずだろ?








 バイソン(日)→バルログ(米)




全くアメリカ人って何でこんなにアバウトなんだ・・・

ちなみに映画では↓この人がベガです。








 バルログ(日)→ベガ(米)





はやくもワケ分かんなくなってきました。





あ、あと日本ではストリートファイターといえばリュウ&ケンの空手主役コンビがおなじみですが、アメリカでは彼らは全くのチョイ役です。「波動拳」「昇竜拳」でおなじみ格闘ゲームのカリスマもハリウッドではタダのチンピラ扱い。厳しいですね。








 チンピラあがりのリュウ&ケン







あと、最もコスプレが決まってるお二人。ザンギエフとサガット。やっぱりアメリカではこの手の顔は層が厚いですな。他のキャラが中途半端なのにこの二人だけ似すぎてて不気味です。









 ザンギエフが激似!










そしてスト2のアイドル春麗(チュンリー)。アメリカでもチャイナ娘マニアがいるんでしょうか?思いっきりフューチャリングされてます。この変化っぷりをとくとご覧あれ。



 ある時は報道レポーター

  ↓

 またある時はくの一

  ↓

 時にはさすらいのマジシャン

  ↓

 チャイナ服で戦闘モード(なぜかド派手な赤)





妙にムチムチしたオバハンになってしまってますね。一瞬かたせ梨乃かと思いました。ぶっちゃけ失敗です。



あ、あともう一人の日本代表。相撲レスラーのエドモンド本田はこんな感じです。








 気は優しくて力持ち風



・・え、ウガンダ?いつのまにかハワイ出身になっちゃいました。







そして問題の二人・・・もうおわかりですね。ブランカとダルシム。このどう考えても人間じゃねーだろ?なキャラは映画ではどう再現されてるんでしょうか?では、ご登場願いましょう!ブランカさんです。








 良くやった!カプコン(?)






やった~!特殊メイクバリバリです。超人ハルク並み!設定では、ガイル大佐の同僚なのですが、バイソン軍の捕虜になり改造手術を受けてこんな風になってしまうという悲劇のキャラです。出番はほとんど無いので特殊メイク損ですね。





そしてもう一人、ヨガファイアー、ヨガフレイムでおなじみこの方、ダルシムさん。どうぞ!








 before




・・あれ、誰?このオッサン。

設定では、ブランカの人体実験をするダルシム博士として登場します。なーんだ全国一千万のダルシムファンには残念な結果ですね。おや?実験室が大爆発してダルシム博士が爆風に巻き込まれました!大変だ!


















 after




ヨーガ!!

強引な展開ですが見た目はダルシムっぽくなりました(笑)







というわけで、ストリートファイター2を知らないとさっぱり分からないレビューになりましたが、実際知っててもこの映画は訳わからんです。そう言う意味では楽しめますが。一応、昇竜拳らしきもの(ただのアッパー)や波動拳らしきものもよーく見てると一瞬出てきます。巻き戻して何回も確認しちゃいました。こんなところもマニア泣かせですね。



最後に、何で登場してきたのかよくわからない日本人、サワダ隊長からご挨拶です。











バンザーイ。


参考リンク) 実写版いろいろ