みんなが知らないモンハン 平松伸二「モンスターハンター」

みんなが知らないモンハン 平松伸二「モンスターハンター」

全てのモンハンファン必携の書!

こんにちは、J君です。皆さんはモンスターハンターというゲームをご存知でしょうか?カプコンから出ているハンティングアクションゲームで最近は通信機能なども搭載され、それはもう大ヒットしているようですね。

実はJ君はこのモンスターハンター、通称「モンハン」をやったことがないのですが、マンガ版のモンハンなら読んだことがあります。タイトルが同じなので、たぶん内容は一緒に違いありません・・・ということで、本日はマンガ版の方の「モンスターハンター」をご紹介してまいります。

名作ブラックエンジェルズ

マンガ版「モンスターハンター」の作者はジャンプではお馴染みの平松伸二先生です。平松伸二先生といえば、現代版必殺仕置人ともいえる「ブラック・エンジェルズ」をはじめとして、

どす恋ジゴロ・・・エロいです

相撲にホストの要素を持ち込んだ画期的作品「どす恋ジゴロ」とか・・・

無茶野球マンガキララ

ルーキーズと地獄甲子園を足して-2で割ったような野球マンガ「キララ」など・・・画はスゴイのに内容がちょっとアレなマンガをたくさん描かれています。ちなみにキララのレビューはこちらが詳しいです。

そして、今回ご紹介する「モンスターハンター」は画:平松伸二先生、作:飯塚幸弘先生という原作つきの気合の入った壮大なハンティングアクション作品となっています。早速ご紹介してまいりましょう。

主人公シヴァ

この男がモンハンの主人公「シヴァ」です。なんと身長2メートル・・・相当でかいですね。

基本的に依頼主に依頼され怪物退治をするのがモンスターハンターの役割ですが、依頼条件がいろいろとゴルゴ13並にあります。

依頼条件があります

「俺は生け捕りはしない、殺すのみだ!そして霊魂のような実態のないものは引き受けかねる!」

怪物退治を依頼されるとこのセリフが決めゼリフっぽい感じで毎回出てくるのですが、いかんせん全3話ですのでいまいち決まってない感じです。

子供に武器自慢

その風体だけでも十分に危険人物っぽい雰囲気がある主人公ですが、さらにインドの「カタール」という恐ろしく物騒なデザインの武器を持ち歩き、出てくる怪物を一刀両断します。

警察が放っておかないレベル

メチャクチャ銃刀法違反ですね。

なぜかインド風

さらに、バトルの最中にチャクラが覚醒したりとか・・・いろいろとインドがらみっぽい設定が伏線として出てくるのでですが、なにせ全3話ですので、伏線の回収は一切行われておらず、インドとの関連性は不明のままです。続きはゲーム版「モンハン」をやれば分かるのかもしれませんね。もしかしてモンハンってインドのゲームなんですかね?

108の傷があります

また、この主人公のシヴァは生まれつき体に108つの傷があり、モンスターを退治するたびに一つずつ消えていくという世にも珍しい特異体質をもっています。なんで傷の数が人間の煩悩の数と同じなのかは例によって全3話の中には全く説明がありませんが、きっとゲーム版の「モンハン」ではお馴染みの設定なのかもしれませんね。

モンスターのせいで傷が疼く

化け物が近づいてくると、この体の傷が赤く腫れあがり、主人公は痛みで苦しみ出します。いくら化け物が人間に扮していてもモンスターハンターにはバレてしまうのです。この傷がゲゲゲの鬼太郎でいう妖怪アンテナの役割を果たしています。というか、このマンガ、結論からいうとモンスターハンターというよりは妖怪退治マンガです。(結論早すぎ)

グロなモンスター達

出てくるモンスターは画のグロさには定評のある平松クオリティなので思わず目を背けたくなるほど相当にグロテスクな感じです。マンガでこれですからゲーム版のモンハンやってる人はさぞかし大変なことになってるんでしょうね。いくつかモンスターをご紹介しますと・・・

美少女風モンスター

モンスターは大体人間に扮して登場します。

骨抜き・・・

「おじさんを骨抜きにしてあげるわ」

「上から下までたのむよ~」「ううん、頭だけ」

ホントに骨を抜かれました

ドローッ

みたいな。頭蓋骨をいただきマンモスするモンスターとか・・・

汚水を飲む社長

一見、ダンディな会社社長がいきなりヘドロを飲み干して

ジョジョっぽい

さかなクン風モンスター

さかなクンみたいなモンスターになったりとか・・・

なんという服のセンス

全然関係ないですが最終話で主人公がモンスターから助け出した女の子が着ているシャツのセンスがすごかったのでご紹介。正直、モンスターの話そっちのけでそればっかりが気になりました。

と、ここまでレビューして、もしかしたらこの作品は今流行っているゲームのモンハンとは全く無関係なのではないか?という疑問が沸いてきたのですが、その結論を出すのはいつの日かJ君がゲームの方のモンハンをやる時までお預けにしておこうと思います。

モモタロー87

ちなみに、「モンスターハンター」のコミックスにページ数稼ぎで 収録されている短編「モモタロー’87」は川から流れてきた桃から生まれる桃太郎ではなく、川に墜落したジェット機がパックリと割れて出てくる少年モモタローの話です。

なぜかコマンドー

闘う相手も鬼ではなくコマンドーみたいなのです。鬼退治というかシュワ退治ですね・・・そんなブッ飛んだ設定の現代版モモタローの話を読むことが出来ます。こちらも読んだらきっとお口アングリになること請け合いですよ。さあ、キミもマンガ版モンスターハンターにトライ!

■■■

出典) モンスターハンター 集英社/平松伸二/飯塚幸弘

参考)  Amazon →