超香少年サトル

フレグランスは正義のために。

テニスの王子様にヒカルの碁、比較的マイナーな素材にスポットライトを当て、何でもかんでも格闘スタイルにする 巧みな企画によってメジャーマンガに育て上げるの は少年ジャンプの最も得意とするところです。


という前振りをしておきながら実際に今回取り上げるのは少年チャンピオンに連載 されていた「超香少年サトル」。 香り師というこれまた実にマイナーなを扱ったマンガです。 マイナー素材をマンガにするにあたり前述の少年ジャンプのように何でもかんでも タイマンバトル形式にして少年心を煽る方法と、美味しんぼに代表される一連の料理マンガやブラックジャックのような医師マンガのように、1話完結お悩み&トラブル解決形式のどちらかに分けられますが「超香少年サトル」は後者のスタイルを採っていると言えます。



ストーリーは勧善懲悪1話完結型。人並み外れた嗅覚と香りに対する才能を持った「香り師」の家系に生まれた中学生、香野院悟が毎回難事件を解決していくお話。





サトルはイマドキのヒーローにふさわしく特異な服装と引きこもり寸前の陰鬱な性格で、まさしく魔少年といえます。まずはそのルックスを御確認ください。












ダッフルコートに短パンが最先端





Yシャツの上にいなせにバスケのユニフォームを着こなし、下半身は短パン、ブーツ。そしてなぜかダッフルコート。あ、アブねえよコイツ・・・ これが中学生でなければ露出狂と間違えられるギリギリの格好です。



そして、彼の調合する香りはどんな難事件でも解決するパワーを持っているのですがその威力はまさにテロリストもビックリです。





















  →  
Before After


上記の図は「超香少年サトル」のレギュラーキャラいじめられっこの田原君が、サトルの調合した香りをかいだ直後、おとなしい人間が凶暴になるその変貌の様子です。サトルの「超香」の威力をまざまざと見せつけられます。







他にも










・香りをかいだとたん犯罪者が
自白をはじめる。



・香りをかいだとたん教室中の生徒が催眠状態になる。




・香りをかいだとたんゲームのキャラが襲いかかってくる幻覚を見る。



・香りをかいだとたん大量の
スズメバチが悪党に襲いかかる。






などなど、サトルの決めゼリフ「これにて闇を浄香せん!!!」

とともに上記のようなスーパー超常現象が炸裂。これにて一件落着です。 サトルが正しい心を持った少年でつくづく良かったと思います。こんなヤツ絶対敵に回したくありません












ダッフルコートの裏には無数の香りのサンプルが








それにしてもこのマンガ、サトルでなければ太刀打ちできないような悪党がわんさか出てきます。下に掲載したのは、コミックス1巻に登場する情けない男代表の田原君(でも彼女有り)をいじめる同級生達のルックス・・・悪すぎです。どうしてこんなにグレちゃったんでしょうか?彼らに天誅を下すより、親御さんと話し合った方が本質的な解決になる気もしますが・・










「浄香」される哀れな子羊たち(※中学生)




ともあれ、J君おすすめのぶっ飛び掘り出し物マンガ「超香少年サトル」。機会があれば是非読んでみてください。これを読めば異臭騒ぎなどカワイイものに思えてきます。