背脂チャッチャ系の唄

かつて、東京のラーメンは「背脂チャッチャ系」と呼ばれるラーメンが台頭していた時期があった。昔ながらのスタンダードな鶏ガラスープの醤油ラーメンとは一線を画す、濁したスープの上に大量の豚の背脂が降り掛かかっているもので、いわゆる九州とんこつラーメンとも違うインパクトがあるものだった。

しかし、今となってはあれほどまでに流行った背脂チャッチャ系ラーメンは姿を消し、たまに見かけると、むしろ懐かしいとまでに思えるようになってしまった。

そんな、栄華を誇った背脂チャッチャ系を久しぶりに食べた時の気持を歌にしました。
浜田省吾の名曲にインスパイアされた歌、その名も

「背脂は雪のように」

聴いてください!

君のラーメンに脂身が
雪のように積もる夜には

心の底から 豚骨を
愛することが出来るはず

孤独で 君のからっぽの
その丼を満たさないで

誰もが 乗せてる(I’m crying for you)
トッピングを 人には見せずに(You’re crying for him)

誰もが 愛する店の床が(He’s crying for her)
テカテカに 眩しく輝く(She’s crying for me)

背脂が雪のように つもる夜に

一年があっという間とか言ってるやつなんなの

「もう9月か、あっという間だよ・・・」こんなセリフが口癖の同僚がいる。
その他にも「一日24時間じゃ足りない!48時間欲しいよ!」「一週間が10日あればなあ!」とかも言いがちだ。

働いても働いても時間が足りないという、いかにも立派に育った社畜さんらしいセリフなのだが、更にタチが悪いことに、これは地獄のミサワ的な「俺仕事できる」アピールで言ってるわけではなく、心から時間が足りない!と思っているようなのだ。仕事好きすぎだろ・・・完全に働き方改革の方向性が間違っている。

そして、いい顔しいの私はというと、「そうだよねー、年末まであっという間だよねー」なんて適当に相槌を打ったりするのだが、その実、そんなこと心にも思ったことはない。「1週間なげー、もう仕事無理、週休4日だったらいいのに」「まだ9月かよ、もう来月あたり正月とかでいいよ!」と真剣に思っている。

可能であれば1秒たりとも仕事がしたくないのだ。

一方で、時が経つのが早いと感じることもある、そう、それは仕事休みの時だ。先日夏季休暇を5日もらった、土日を合わせたら9連休だったのだが、正直体感的には6秒ぐらいで終わりが来た。短い、短すぎる。普通の土日だったら体感でコンマ2秒ぐらいだ。息を吸っただけで休日が終わっている、そんな感覚だと思っていただければ近いと思う。

そんな感じなので私の日曜午後から月曜朝にかけての気持ちの落ち込みようったらハンパじゃないのです。次の日から始まる仕事が嫌すぎて夕食が喉を通らないほどのレベル。その代わり翌日のランチにてんやでオールスター天丼とか食べるんで体重的にはプラマイゼロなんですけど。ホント人の体って不思議だよねー。

「肉を切らせて骨を断つ」という言葉はチロルチョコから学んだ

チロルチョコってありますよね。

昔は駄菓子屋で10円で買えるお菓子の定番でしたが、今は20円になって、そのかわりに販路もコンビニとかになり気軽に買えるようになりました。

バリエーションも増えて「きなこもち」とか「チーズケーキ」とか「すいか」だとか、とにかくすごい種類がでています。昔は茶色い一種類のやつしかなかったのに。

昨日、つい郷愁に駆られてチロルチョコをコンビニで買ったんですよ。最近のいろんなフレーバーのやつじゃなくてオリジナルの茶色い奴です。やっぱりチロルって言ったらこれっしょ!これ以外は邪道!!なんていっぱしのチロル通気取りで。

ちょっとワクワクしながら包み紙を開けて、一口でパクっと、ああこれこれ、懐かしい、昔と全然変わってないなあなんて思って食べていたのですが、噛んだ時にグニッとした感触が。

しまった!!オリジナルのチロルチョコにはチョコの内部にキャラメルみたいな粘り気のある、ヌガーっていうやつ?「ヌーッときてガーッ」ていう食感のアレ、アレが入っているのを忘れていたッ!!

一昨日歯医者に行ってきたばかりで奥歯の詰め物がピーンチ!

しかし時すでに遅し、すっぽりとそしてゴッソリと奥歯の詰め物が取れてしまったのでした。チロルによる仕込みヌガーによって。そう、チロルは自らを喰わんとする敵(俺)に対して小さいながらも一矢を報いてきたのだ。たった20円でこの俺に2,000円もの損害(詰め物の治療費)を発生させた。なんという破壊力。そこには薩摩示現流の「肉を切らせて骨を断つ」の精神が確かに息づいていた。

街のガチャガチャが親たちのHPを削っていくという話

カプセル型のトイ、いわゆるガチャガチャとかガチャポンについて私の愚痴を聞いてほしい。

いわゆるソーシャルゲームのガチャではなくて、街のいたるところに設置されているガチャガチャの話だ。自分が子供のころは昔はコスモスとかいうメーカーからいかがわしいのがいっぱい出ていたのが思い出されるが、50円、高くてもせいぜい100円だったので子供のお小遣いの範囲で、たとえ外れてもあまりダメージがなく楽しめていた記憶がある。

幼児と小学生という二児の子供の親となった今、ガチャガチャを見かけるたびにやらせてくれと子供にねだられる立場になった。

しかし今のガチャガチャは200円もしくは300円が相場で、親の立場からしてもまあまあダメージのでかい金額となっている。一回だけならまだしもガチャガチャは外れることが多いので、2回、3回とやることが常だ。そのコストがボディーブローのように効いてくるのだ。そういえば、三原じゅん子が金八先生で「顔はやばいよ、ボディやんな」というセリフで一躍有名になったが、今や国会議員ですね。これもボディを狙ったのが効いてるんだろうか。

それはともかく、最近のガチャガチャの狡猾なところは、ファミレスの入口のところとか、ショッピングモールの通路とか、本当に予想もしないところに何気なく置いているところであり、本当に油断ができない。

親がファミレスのレジでお金を払い、財布をしまおうとするまさにその時!絶妙なタイミングでキッズたちの「ああーー!」という叫びが聞こえる。そう、ガチャだ、ガチャを見つけやがったんだ!!その瞬間、不意を突かれた親たちは、困惑の表情を見せる。

「また今度ね」
「やだー、今がいい!」
「どうせやっても変なのが出てくるよ」
「変なのでもいいからやりたいのー!(泣き叫ぶ子供たち)」

こういったネゴシエーションをファミレスならず、街のあちこちで行わねばならず、ほとほと疲労困憊する次第である。もちろんネゴに失敗してしまえば数百円・・・パパの平日のランチ代相当があっという間に鼻クソみたいなプライズに変わってしまう。そう、街にあるガチャガチャは親からHPをじわじわと奪っていく代物なのだ。

最近ショックだったのはトー●スのガチャガチャ。息子は三度の飯よりも●ーマスに目がなく、たとえ1キロ先のトーマ●ガチャであっても発見するほどの驚異のト●マス探査能力を持っているのだが、先日ついに根負けして、トーマ●ガチャをやることになった。

仮にも機関車トーマ●というからには、ガチャガチャしたら、機関車的なものが出てくると思うじゃないですか?実際、ガチャガチャのパッケージもそれを期待させるものになっていたし。もちろん一番人気の●ーマスとは言わない、ハズれてもパー●ーとかゴー●ンとか、ジェーム●とかがでてくるとか思うじゃないですか?

それが出てきたのが、なんとビックリ、トンネルですよ。トンネル。そう、ハズレると機関車ではなくて線路とかトンネルとかそういう組み立てパーツが出てくるんですよ。機関車本体を持ってないのにガチャでトンネルが出てきて喜ぶやつが世界のどこにいるっていうんでしょうか、いやいない。

カプセルを開けるまで超ワクワクしていた息子の顔がみるみる泣き出しそうになるのを見かねて、もう一回200円を投入するわけですよ。そうすると、今度こそ出てきました!鉄橋が!!鉄橋かよ!!!!そういうのいらねーから!機関車出せよ!!!頼むよタ●ラト●ー!!!

・・・みなさんお分りでしょうか?ガチャガチャのハズレは、親のお金と気力を削るだけでなく子供の夢をも奪ってしまうのです。もうちょっとどうにかしてほしい。せめて2回やったら当たりを出してほしい・・・小池新都知事にはそういうところを期待したいですね。

さぼったリング問題

「さぼったリング」この言葉を考えた人は天才じゃないかと思う。誰が考えたの?小林製薬の人?

この「さぼったリング」確かに秀逸なキーワードではあるが、個人的には大変迷惑している。

私が任されている数少ない家事の一つにトイレ掃除がある。残念ながら、毎週土日程度しかできていないが、もしトイレに「さぼったリング」ができてしまっていると烈火のごとく怒られる。妻に。

お前は数少ない家事の一つもこなせないのか、この無能者め!と言外にそのようなニュアンスを含んだような数々の言葉でののしられることになる。

弁解するが、決してサボったわけではない。トイレ掃除をしてから次回のトイレ掃除までの間に勝手にできやがるのだ「サボったリング」が。あ奴は、できるときは掃除後一時間後にでもできてしまう。要はその時々の環境によって激しく左右されるのである。しかし、トイレ掃除の世界は結果がすべてであり、できてしまえば言い訳することはできない。

思えば「サボったリング」というネーミングが悪いのだ。「リングができる=サボった」が直結するネーミング。これが「お掃除お知らせサイン」ぐらいのネーミングであれば、こんなに苦労はしていない。

ところでトイレ掃除フリークの皆さんにはご存知のことと思うが、最近トイレにスタンプするやつが出てますよね。あれをペタンとしておくとリングが発生する確率が激減するという、非常にありがたい代物だが、いかんせんコストが高い。掃除のたびに毎回ペタンペタンしていると年間でトイレに捺印するためだけに数万円かかることになってしまう。おいそれとは手が出せないセレブ向けアイテムだ。

かくなる上は、掃除する頻度をあげるしかなく、それができないのであればリングが発生しないのを神に祈るしかない。・・・とまあ、そんな愚痴をいいたくなるのをぐっとこらえながら今日も便器という丸いリングに立つのである。(トイレ掃除の日なので)

歩きスマホとポケモンGO

皆さん「ポケモンGO」やってますよね?絶対やっているはず。普及率100%じゃないか思います。かくいう私はというと、ポケモンGOはやってません。ただ、正確に言うと昔はやってました(どっちだよ)。

要するに飽きちゃったんですよね、いやイングレスをやっていた時も、なんかハマりきれないなー、どうせやり込んでるやつには勝てないからムカつくしなー、みたいな感じで挫折したので、こうなることは予期してたんですよ。ポケモンGOは見た目こそ「やせいのドードーが現れた!」みたいなフレンドリーな感じですが、やり込むにつれてイングレスと同じ殺伐とした空気感を感じてきて冷めちゃうんですよね。

先日も意気込んでマックでクラシックフライはちみつマスタードを購入して、さあジムバトルだっ!て意気揚々とバトルを挑むも瞬殺されて、ただのクラシックフライイーティングタイムになってしまった時の悲しさと言ったらね。もうこれ以上の悲しみは生むまいということで、ポケモンGOを封印することに至ったのです。

で、歩きスマホの話ですが、ポケモンGOってやってたらほぼ間違いなく歩きスマホになるじゃないですか?普段人気のない地元駅が歩きスマホの若者で埋め尽くされている不気味さにうすら寒いものを感じたのもポケモンGOを引退した理由なんですけども。

でも自分の場合、ポケモンGO以前から歩きスマホをしてたんですよ。つまり筋金入りの歩きスマファーだったわけで、ポケモンGO引退後も普通に歩きスマホで2ちゃんまとめサイトとか見ながら薄ら笑いを浮かべて歩きスマホをしているわけです。

一応弁解させてもらうと、ちゃんと人通りが少なく、歩道が十分に広いところで歩きスマホしてます。つまり、非常にマナーのいい、模範的歩きスマファーだと思っていただいて差し支えないです。

でも以前とは、歩きスマホを取り巻く環境が変わってしまった。そう、今歩きスマホをしていると、「またポケモン野郎かよ、ケッ」みたいな視線を感じるようになったのです。つまり今のご時世に歩きスマホをしている人は例外なくポケモントレーナーだと、そういういわれのない誤解が生まれようとしています。違うんだ!僕は、ポケモンとは、一切関係のない、100%ピュアな、エクストラバージンな歩きスマホをしているんだ!!と主張したいのですが、世間はそう思ってくれないのです。これは非常に悲しいことだと思うのです。

これがいわゆる、ポケモンGOが生んだ「業」というやつなのでしょう。
ポケモンGOが生んだ「業」・・・つまり「ポケモン業」なのだ!(ドヤ顔)

糖質制限ポエム

はじめた時は絶対無理だって思った
だって米は日本人のソウルフード
それを食べないということは
自分が自分で無くなる
そんな気がしたから

次々と覆されるダイエットの常識
春雨は実はNGだって?
だれだよヘルシーだって言ったの

レンコン、カボチャもNGだと?
まさか野菜のくせに太るなんて
お前らには失望したよ

肉や脂肪はどれだけ食べてもいい
デブの象徴であるはずの肉と脂肪が
今日から俺の主食
欧米か!ってこういう時に使うのかな

コンビニでは買うものがない
おにぎりもパンも弁当も麺も全てNG
買っていいのはチーズとかナッツとかハムとか
ランチタイムにおつまみセットみたいなのばかり買ってる
たぶん店員に昼間から飲んでるサラリーマンだと思われてる

ローソンではブランパンばかり買ってる
いつもブランパンばかり買ってるのに
全然痩せねーよなこいつって
店員に絶対思われてる

ファミレスではハンバーグ単品
牛丼屋ではいつも牛皿
いつも定員に聞かれる
ご飯ないですけどいいですか?って
よくないけどいいんだよ!!

今日も6Pチーズとミックスナッツで
腹を満たして、
なにげなくふと見上げると
空がきれいだった

【呪】アナと雪の女王ブーム【呪】

この三連休、我が家には予約していた「アナと雪の女王」のDVDがAmazonから届いたため空前のアナ雪ブームが到来していた。

それまでも、娘が突発的にアナ雪の主題歌を歌い始めるなどの奇行で十分にアナ雪ブームが到来していた我が家だったが、家にDVDが来てしまうと逃げ道がない。アナ雪に全然興味がなかった私も半ば強引に三連休中で10回以上観る羽目になった。しかも早送りなどは一切許されない。ありのままのストーリーを10回以上も観るというのは苦行以外の何ものでもない。

それはまあ我慢すればいいのだが、アナ雪のせいで明らかに生活に支障が出てきている。エアコン温度の下げすぎで部屋が明らかに寒くなっているので、寒くないか?と娘に聞けば

「少しも寒くないわ!」

と答える。
違うんだ、アナ雪のセリフを言わせるための前振りをしているんじゃないんだ!

で、翌日風邪ひいてるし!

子育てポエム

赤ちゃんの服って
なんでこんなにちっちゃくて
かわいいのかな

着せ終わった時にさえ
幸せを感じるよ

生まれてくれてありがとうって
まるで天使だねって言葉
こういう時に使うんだって

だけどさ、あれ
ロンパースっていうのかな?

あれ、ボタン留めにくいよね?
あれのボタンを留めようとして
何度顔面を蹴られたことか

両手がふさがって
無抵抗の大人の顔面を
無邪気にガンガン蹴る赤子
まるでグレイシー柔術だねって言葉
こういう時に使うんだって

2WAYオールてやつ?
あれもやばいね
ボタンのかけ方を変えるだけで
ドレスにもカバーオールにもなる
ママ大助かりの
とても便利な服だけど

多分それは幻想
もしくは幻聴
ボタンが複雑すぎて
さっぱりわからん
絶対ボタンのどれかが余る

もしボタンのかけ方で
一瞬でも悩んでしまったら
顔面は再びガンガン蹴られる

まるでムエタイのようだねって言葉
こういう時に使うんだって

夜泣きで朝4時に起こされて
パンツ型おむつを替えて
顔蹴られて

遠くなる意識の中で
ふと空を見上げたら
空がとてもきれいだった。

0歳児が匠の心を持っている件

娘(5歳)のネタばかり書いているが、我が家には息子(0歳9ヵ月)もいる。今回はこの息子の話をしたい。

最近、我が息子は0歳児にしてすでに匠の心を持っているのではないかという疑問を持つようになった。

息子はリモコンやスマホが大好きだ、親がしょっちゅう触っているものが気になるというのは子供にとって当然の心理なのかもしれないが、ソファーなどにおいてあるリモコンやスマホのたぐいを親の目を盗んで一瞬にして奪い取り、涎でベチョベチョにしてしまう。スマホは防水機能があったため難を逃れたが、テレビ用のリモコンが一つご臨終になってしまった。

それにしても一般論として赤ちゃんはリモコンが好きらしい、それもかなりの本物志向と思われる。いわゆる赤ちゃんのおもちゃとしてリモコン型のおもちゃや携帯型のおもちゃがあり、我が家でも購入したのが、数分遊んだだけで飽きてしまったようで全く見向きもしなくなってしまった。

赤ちゃん用リモコンや携帯電話は赤や青や黄色の配色が施されて実にカラフルで、ディズニーやアンパンマンなどのキャラクターがプリントされており、おまけにボタンを押せば音楽までなり、角は丸く咥えればゴムのような口あたりがするという、一見するとまさに赤ちゃんに最適化された優れ物であるのに、だ。

思うに、このカラフルさやキャラクターや電子音やゴムのような手触りこそがまさしく「子供だまし」なのであり、本物志向のリモコンを求める匠の赤ちゃんには逆にそれが蛇足なのかもしれない。黒くて、ゴツくて、ロゴにSONYとかSHARPとか入っていないと、今どきのリモコン好き赤ちゃんは見抜いてしまうのだ。赤ちゃんのおもちゃといえど子供だましは通用しない、そういう時代が来ているのかもしれないと思った。

7/14 リビングのブラビアのリモコンが破壊され、唖然とした状況にて記す。

娘の指切りげんまんがガチすぎる件

今週末は東海地方に所用があり、生まれて初めて新東名高速を使った。

新東名の駿河湾沼津パーキングエリアで休憩したのだけど新しいだけあってさすがにきれいでシャレオツでお土産売り場もめちゃくちゃ充実していた。

充実していたのはいいのだけど、この手のパーキングエリアやサービスエリアにはどう考えても一ミリもご当地要素がない、子供を誘惑するためだけに存在するやっかいなグッズが必ず売っている。

今回の場合、娘を釘付けにしたのは「アナと雪の女王グッズ」だ。
静岡とも沼津とももちろん駿河湾とも関係ない「アナと雪の女王グッズ」がなぜこんなに充実しているのか?百歩譲ってもし、静岡が雪国だったり、雪の女王の大好物が桜海老だったり静岡茶をすすっていたりすればまあギリギリご当地要素があるといえなくもない。

私自身はアナ雪を観ていないが、娘から伝え聞く話によると、桜海老や静岡茶や静岡おでんなどは一切出てくる映画ではないようだ。しかし一度、娘にグッズを見られてしまえばあとは買うまで泣き叫びテコでも動かない。我が娘の物欲は空よりも高くマリアナ海溝よりも深いのである。

すでに予定の時間は刻々と迫っており、早々にパーキングエリアを立ち去らなければならない。しかし、娘に泣けば何でも買ってもらえると思われるのも教育上よろしくないのは明らかだ。ではどうするか・・・アナ雪グッズを買う気はさらさらないが、とりあえずその場しのぎでこう答えることにした。

「今買ってもなくすから帰りにまたお店に寄って買ってあげるから」

親が子をたしなめるセリフの常套手段である。とりあえず結論を先延ばしにし、いずれ本人が忘れてしまうことを期待する政治的手法。この方法で私は何度も娘の追求をかわしてきた実績がある。今回も間違いなくこれで逃げきれるだろうと踏んでいた。
とりあえず一時的に納得した娘は、じゃあ指きりげんまんをしてと言ってきた。これもいつものパターンだ。

指を切ったあとに5、6時間もすればきれいサッパリ忘れてしまうのだ。

「指きりげんまん嘘ついたら針千本のーます」

しかしこの後のセリフが、今までの娘にはないガチさがあり驚愕した。

「嘘ついたらホントに針飲んでもらうからね。千本は無理だから三本ぐらいね!」

いや・・・3本だって無理なんですけど・・・。なにそのマフィアの掟みたいなの。

マクドナルド=ハッピーセット屋という認識

娘が3歳から5歳の間に自信満々で言い放っていた言い間違いをメモとしてここに残しておこうと思います。

ゲゲゲの金太郎(ゲゲゲの鬼太郎のこと)

汚い子(鬼太郎のこと)

はだかん坊(子泣き爺のこと)

スナバババア(砂かけばばあのこと)

ジョージ(吉祥寺のこと)

サーロイン(ハロウィンのこと)

おしっこみたいな人(ストレッチマンのこと)

ハイジ(カイジのこと)

美女と野牛(美女と野獣のこと)

ミルクステーキ(ミルクセーキのこと)

ぶどうベリー(ブルーベリーのこと)

ミズギーランド(ディズニーランドのこと)

ハッピーセットやさん(マクドナルドのこと)

おじさんのグルメ(孤独のグルメ)

ポッポコポーン(ポップコーンのこと)

モドレール(モノレールのこと)

総評すると、水木しげる先生とストレッチマンには一度謝っておきたいという気分です。
あとミズギーランドはディズニーランドよりむしろ行ってみたい気がした。

娘の友だちのお父さんがスキンヘッドでした

先日の父の日の話。

幼稚園の父親参観で、娘の友だちのお父さんがスキンヘッドでした。

どうやら5才児の娘にとって初の生スキンヘッドは相当インパクトがあったらしく
私にものすごい色々聞いてくる。

「なんで○○ちゃんのお父さんの頭はハゲてるの?」
「○○ちゃんのお父さんはお坊さんなの?」

子供の素直でピュアな物言いは時として鋭利な刃物のようにグサグサと突き刺さってくる。

娘は○○ちゃんと友達だろうが、パパは○○ちゃんのお父さんとは初対面だ
スキンヘッドにしている事情など知るはずがないし、そんな気まずいこと本人に聞くこともできない。

娘の尋問をのらりくらりとかわしていると、しまいには

「パパも○○ちゃんのお父さんみたいに頭ツルツルにしなよ!」

・・・などという始末。理由は「面白いから」らしい。

当人にとっては全然面白くない。むしろ切実な問題になってきている今日このごろだ。
と、そんなことがあったのをすっかり忘れて先日散髪に行ってきた。
暑くなってきたし、だいぶ伸びてきたので思い切って短くした。

散髪から帰ってきた父親の頭を見た娘は、ものすごくびっくりした表情で・・・

「パパもハゲにしたんだ!」

は、ハゲちゃうわ!!

傘を盗まれないためのライフハック

なにげなく読んでいた発言小町のスレッド(http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2013/1126/630630.htm)に傘を盗まれないためのライフハックが書いてあった。
ライフハック・・・というか主婦の知恵、おばあちゃんの知恵袋、伊東家の食卓的なものに近いのだけど

普通だったら防犯ブザーを付けるとか、自転車のチェーンのようなものを括りつけるとか、袋やケースに入れて持ち運ぶとか、GPSやNFCタグを埋め込んでどうのこうのとか・・・とにかく何かしらの防犯グッズを購入する方向に発想になってしまいがちなのですが、どうやら小町達はそういう発想をしない模様。

そこにあるのはもっとお手軽で低コストで人間臭くてアナログな発想だった。

「傘の柄に血染めの絆創膏を貼っておく(血はマジックでOK)」とか
「傘の柄に使い古しの靴下をかぶせる」とか

なるほどそういう発想かー。
家にあるものでできて低コストでお手軽。素晴らしい。

ざっくりポイントをまとめると

「傘の持ち主をちょっとアブナイ人だと思わせる」
「傘を取る気にさせない不潔感や使い古し感を演出する」

みたいなことらしい。

傘の持ち主がアブナイ人だったり不潔だったらそりゃあ泥棒も関わりたくないもんね。
泥棒のくせになに贅沢言ってんだって気もするけど。

応用編として「傘に何か得体のしれない白い粉をふっておく」っていうのもあったけど
これは応用利かせすぎだと思った。

にわかサッカー通問題

ワールドカップの時期になるとそこら中に沸いてくるにわかサッカーファンを見るのが好き。

特に事務所に言われているのかなんなのか、普段はサッカーに関するコメントなんかしてるの見たことないのに、この時期になるとテレビで無理やりサッカーについてコメントしているタレントなんかもうたまらない。

サッカーの試合よりもむしろそっちに釘付けだ。

もしかしたら本当にサッカーが好きで、でも普段は自分の溢れ出るサッカーへの思いを抑えてる、だけどワールドカップの時だけはいかせてもらいます!そんなケースの可能性もある。

つまり本当のサッカーファンなのか、にわかサッカーファンなのか、にわかサッカーファンを装った本当のファンなのか、その辺を見抜くのもにわかサッカーファンウォッチャーとしての技量が問われる。

ていうか正直自分には見抜ける技量はない。なにしろ4年に一回しかないのだ、絶対的な経験値が足りない。

サッカーにすごく詳しい人なら発言内容で多分見抜けるんだろうけど、自分自身サッカーに全然詳しくないし。

サッカーの知識はキャプテン翼で止まってるし。スカイラブハリケーンとかタイガーショットとかそういうやつ。

そりゃそうだよ、だってサッカーが好きなんじゃなくて、ただにわかサッカーファンが好きなだけなんだから。

NAVERまとめあたりで誰かにわかサッカーファンのタレントをまとめてくれないかな。
コメント付きでにわか度を★〜★★★★★とかで評価してくれたらもう最高。

なんとかインティライミとか、ミスチルの人の横で歌ってる金髪の人とかがどのぐらいのレベルなのサッカー通なのかよく知らない。だけどこれだけは分かる。

地元のサーティーワンアイスクリームの店内でサムライブルーの服を着てる店員さん、あの人はたぶんにわかだと思う。

サラミ記念日

この味がいいねと自分で言ったから6月7日はサラミ記念日。
糖質制限ダイエット中なので自然と糖質が少ないサラミとかハムとかナッツとかを食べることが多くなった。

思えばサラミって・・・今までの人生の中で積極的に食べたことなかったなあ。
洋風居酒屋の前菜とか、立食パーティーのオードブル的なやつとかそういうところでしかお目にかからなかった。ベビーサラミ的なものはもっとゲリラ的に食べてる気がするけど正直どれも自分から能動的にサラミを食べよう!って思ったことはなかった気がする。

そもそもサラミって何?サラミについて深く考えれば考えるほどゲシュタルト崩壊を起こしそうになるのでWikipediaで調べよう。

以下引用 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%9F

”サラミ(伊: Salame、英: Salami)は、イタリアに発祥したドライソーセージの一種。語源はイタリア語のsalare (塩)である。サラミソーセージと呼ばれることもある。
豚のひき肉に塩やラード、ラム酒などを混ぜ、腸詰してから、温度9 – 10℃、湿度70 – 75パーセントで60 – 90日間乾燥熟成を行ったものをサラミと呼んでいたが、今では塩だけでなく様々なハーブやスパイスを混ぜたものもサラミと呼ぶようになった。”

なるほどなるほど、まあ・・・全然予想通りの内容でしたけど、その後にちょっと予想外の記述が。

”「目にサラミ」(”avere le fette di salame sugli occhi” 直訳すると「目にサラミの薄切りを付ける」。日本における「灯台下暗し」と同じ意味)ということわざがある。”

「目にサラミ」=「灯台下暗し」と同じ意味!まじか。

いやいや、目にサラミが張り付いてて気づかないとかイタリア人、どんなドジっ子だよ・・・どちらかっていうと横山やっさんが「メガネ・・・メガネ・・・」ってやってるシーンのほうがニュアンスが近いだろ!!

そんなサラミ記念日。

まちおか

うちの5歳になる娘が毎日のように口にするとある名字

自分の名字でもなく、鈴木や佐藤などのようなメジャーな名字でも決してない
それは「まちおか」

都内のあちこちに点在するお菓子専門店「おかしのまちおか」を見かけるとそれに反応して「まちおか!」と叫ぶのだ。

地元の駅にもあるまちおか「まちおか!」
隣の駅にもあるまちおか「まちおか!」
阿佐ヶ谷にも中野にも池袋にも、とにかくこっちの行動範囲を先読みするかのようにお店がある「まちおか!」

先日はじめて行ったイオンモール東久留米の中にもまちおかがあった時は、もう逃げられないと思った。

「まちおか!」と娘が叫ぶ時は「お菓子を買ってくれ」と言っているのと同義である。
だからまちおかコールを無視して、店をスルーしようとすると涙目で訴えるのだ。「まちおか!」と

そのような状況に陥ると親である我々は108円(税込)程度の出費を免れることはできない。先日はめがねの形をしたマーブルチョコを買わされた。

そんな親を悩ませる「おかしのまちおか」の創業者は実は「まちおか」ではない。
オフィシャルサイトにはこう書いてあった。まちおかの意味は「町のお菓子屋さん」。
そう、「まちおか」名字ではなかったのだ。いままでずっと勘違いしていた。本当はいない架空の「まちおか」さんを恨んだりもした。全国のまちおかさんには申し訳ないことをした。

でもその理屈だと「おかしのまちおか」→「おかしの町のお菓子屋さん」てことになるので「おかし」がダブってると思うんだよね。そんなのって、おかしいよ!(お菓子だけに)

チョコ美味んぼ

チョコミントアイスってどうなの?という話をしたい。

妻はアイスクリームの中で最も好きなのはチョコミントアイスであるという。
私はアイスクリームのフレーバーは基本的になんでも好きだが、強いて言えばチョコミント味が一番嫌いだ。

歯磨き粉冷やして口に入れてるようなもんじゃないかあれは。

思えば幼少期はサクマ式ドロップス(缶のやつ)でハッカ味がでてくると一番テンションが下がった。
しかも他の白系のドロップ(レモンとか)と見分けがつきにくいため、口に入れてからはじめてハッカだと知る。
フルーツ味的なものを期待してハッカの味がしたときのショックは余りあるものがある。
火垂るの墓の節子だってたぶんハッカ味だけは想定していないはずだ。

そもそもなぜチョコとミントの組み合わせなのだろうか?
生ハムメロンぐらい理解できない。

アイスにミント入れて二倍スースーさせてどうしようというのか?
スースーが好きならチョコチップの代わりにフリスクを入れれば三倍スースーだ。
とにかくアイスでスースーしたいとは思わないのだ。

・・・そう思っていたのが去年までの話。
今年もチョコミントについて論争が絶えない我が家ではこんな会話がなされていた。

私「私には、チョコミントのような下卑た食い物の食べ方は分からん。」
妻「かわいそうに、本当のチョコミントを食べたことがないんだな。」
私「なんだと?」
妻「明日まで待って下さい。本物のチョコミントを食べさせてあげますよ。」

翌日、妻が冷凍庫から出してきたのがセブンイレブン限定で発売されたジャイアントコーン チョコミント味

私「なんだこれは?今まで食べたチョコミントとは別物だぞ!素材が違うのか?」
妻「本物のチョコミントというのはこういうものなのさ!」
私「チョコミントがシャッキリポンと舌の上で踊るわ!」

というわけで自分の味覚が変わったのか、ほんとに美味しかったのかは分かりませんが
ジャイアントコーンのチョコミント味はなぜか大変美味しくいただけました。
あと、本当は妻とこんな会話はしていません。

アボカド

最新糖質制限ダイエットをされている方をちらほら見かける。
結構流行ってるんだなあと。

この流れならいえる・・・自分、糖質制限ダイエットしています。

FacebookとかブログとかTwitterではそんなことを語ったことがないし語る気も起きない。理由は大体わかってる。結果がいまいちだから。

他の人の糖質制限ダイエットのレポート見てると1ヶ月で10Kgは楽勝で落ちるとか全盛期のヴェルファーレ東京並みに景気のいいことが書いてある。

自分も最初にすごく頑張った時に最初の3ヶ月で6Kg落ちた。すごいと思った。でもその後は5Kgリバウンドして、毎日冷や汗を書きながら数百グラム単位で増えた減ったののせめぎ合いをしてる。毎日が反省会。

主食で炭水化物を取らないっていうのは結構慣れたんだけど、甘いものが我慢できなくてついつい食べちゃうんだよね・・・。ああ、自分の軟骨で出来たような気骨を呪いたい。

で、 最近胃腸炎になって全然食べれなかったからあっさり1日で2kg落ちた・・・。
なんだよ、胃腸炎ダイエット最強じゃないかよって愕然としてるところ。
ま、それはいいんですけど糖質制限ダイエットでつかえるなーと思ったメニューいろいろメモしておきます。

■モスの菜摘シリーズ
毎年10月ぐらいまでやってる期間限定のメニュー。ハンバーガーのパンのかわりに具材をレタスでグルグル巻きにしたもの。ハンバーグだったりロースカツだったり照り焼きチキンだったりを糖質を気にせずそのままいただけるのがありがたい。
モス店内でロースカツ菜摘を食べていたら女子高生に三度見された。オッサンが食べているのは奇異に映るらしい。

■セブンプレミアム サイダー0キロカロリー
どうしても甘いものが飲みたくなった時に愛用。三ツ矢サイダーみたいな味なのにカロリーがゼロというのがうれしい。セブンイレブンでただの炭酸水と間違えるようなものすごく地味なパッケージで売ってるので意外と気づいてない人も多いと思うんですがおすすめです。

■明治 NEO SWEETS チョコレートシリーズ
砂糖不使用チョコ。かわりにマルチトールっていう糖アルコールを使用しているので砂糖よりははるかに糖質が少ない。ミルクチョコやらビスケットチョコやらアーモンドチョコのバリエーションがあって味もこの手のダイエット系お菓子にしてはめちゃくちゃ美味しいです。ロッテのZEROシリーズより個人的には美味しいと思う。
でも最近あまりお店で見かけない。以前はコンビニとかおかしのまちおかとかでも売ってたんだけど発売中止になっちゃったんだろうか・・・。

■シャトレーゼ やさしい糖質生活シリーズ
よく郊外の路面店とかにあるシャトレーゼ。通販もやってるので利用してます。
パンだけならローソンのブランパンなどで十分だけど、ここにはマフィンだのプリンだのも糖質制限メニューがあるので変化を付けたい人はおすすめです。

■ファミレスのアボカドハンバーグ
先日ガストで見かけて食べてみた。デニーズにもあるみたい。
ハンバーグは糖質制限的にOKなメニューであることは知っている人も多いと思うんですけど、アボカドってフルーツの中では最も糖質が少ないらしくて糖質制限には最適らしいです。脂肪が多くてダイエットによくないイメージだったので意外でした。

ただね、アボカド・・・当たり外れが大きすぎ。
自分が想像していたアボカドって、食べるととろけるように柔らかくって、醤油かけるとトロみたいになるというアレを想像していたんですが、ハンバーグに乗っていたアボカドはゴリッゴリに固くて・・・フォークで抑えこんでナイフで切ってるとアボカド自体の固さで下のハンバーグがみるみる潰れていく。

やっと切れた!と思ったらアボカドがツルッと滑って隣のテーブルにオウンゴールですよ。いや、隣のテーブルだからオウンゴールじゃないけど言いたいことはそこじゃない。

ちゃんと柔らかいアボカドを出してください。私の望みはそれだけです。

ノロと雪の女王

鍵を落とした話の翌日の話。

その精神的ショックがたたったのかどうなのかわからないけど胃腸炎を発症。

トイレにこもって嘔吐と下痢でウンウン苦しむ最悪の週末。

心なしかポール・マッカートニーとちょっとだけ気持ちがシンクロしてた。
ノロウイルスだと家族にも迷惑がかかるので翌日近所の病院に行って診察をした。
診察結果はノロではないとのこと。

私「そうなんですかノロじゃなかったんですかちょっと安心しました」
医師「最近、ちょっと体調が悪いとノロじゃないかとか言ってくる人多いんですよね~(たく素人め)」

というようなどことなくトゲのあるニュアンスを感じる会話をかわしつつ診察は終了。
しかし熱もあるので体調はすこぶる悪く、会社を休んで自室で寝ることに。

幼稚園から帰ってきた娘が平日なのに父親がいて、しかも真っ昼間から寝てるということでびっくりして異様にハイテンションになっている。

うるさい・・・静かに寝かせて欲しい・・・。

そのうち、娘が妻に話しかける形でリビングからこんな会話が(声がでかいので丸聞こえ)

「パパが早く良くなるようにお手紙書くんだ!」
「パパはやくよくなって・・・”ね”ってどう書くんだっけ?」

ひらがながようやっと書けるようになった娘が一生懸命手紙を書いてくれているのが微笑ましいと同時にとても嬉しい。我が娘ながらとてもいい子じゃないか!ちょっと感動して目がうるうるした。

いつもだと娘は手紙を書いた後、部屋のドアの下の隙間からそっと手紙を差し入れてくれる。ひきこもりの子供に母親が「晩ごはん置いておくね」って知らせるアレと同じ方式だ。書き終わったら今回もその方式で手紙を渡してくれるのだろう。楽しみだ。

「ありのーままのーすがたみせるのよー♪」

最近娘がハマっているアナ雪(日本語バージョン)の歌声が聞こえてきた。
相変わらずハイテンション。だがアナ雪を歌っているということは手紙は書き終えたのだろう。

しかし1時間経ち、2時間経ち、いっこうに手紙が差し入れられることがなかった。これはいくらなんでもおかしい・・・ということで部屋から出て娘の様子を見に行くと・・・

寝てた。(胃腸炎は全快しました)