「埼玉県のひみつ」レビュー 「翔んで埼玉」の時代はすでに終わった・・・読んだら埼玉に住みたくなる埼玉絶賛マンガ

「翔んで埼玉」の時代はすでに終わった・・・読んだら埼玉に住みたくなる埼玉絶賛マンガ「埼玉県のひみつ」レビュー

 

「埼玉県ってなに!?そんなところ知らない!」
国民的埼玉Disマンガ、「翔んで埼玉」がついに実写映画化してしまいましたね。しかも映画動員ランキングで初登場1位を飾るなどの大ヒット中だと・・・!?皆様の埼玉にかけるさまざまな思いが今まさに爆発している状況といえるのではないでしょうか。平成が終わるとともに、埼玉-東京間で通行手形が必要になる時代が本当に来てしまいそうです。

個人的にはそんな「翔んで埼玉」を煽った一人として多少の良心の呵責を感じておりまして、その罪滅ぼしと言ってはなんですが今回は、埼玉アゲアゲなマンガ「埼玉のひみつ」をご紹介したいと思います。「翔んで埼玉」が陰なら、「埼玉のひみつ」は陽、そんな関係性にあるような、老若男女が埼玉に住みたくなる素晴らしいマンガとなっています。


表紙を見て一目瞭然。いわゆる学研の学習マンガですね。対象読者は目をキラキラさせ、希望あふれる小学生の子どもたち、そしてその親御さん達です。「翔んで埼玉」のようなネガティブ要素は皆無と言っていいでしょう。見てください、この眩しさ・・・

 
物理的に眩しい

 
小学生のケイスケシンジは親友同士、そして二人を結びつけるのはサッカーです。

 
サッカーで夢広がりまくり

 
中学生になっても一緒にサッカーしようぜ、そして将来はワールドカップへ行こうぜ・・・などと夢を語り合います。いいですよね、青春だなあ、若いっていいなあ(遠い目)。しかし家に帰ると・・・

 
表情の絶望感

 
「埼玉県に行くのよ。」
なんとお父さんの転勤が決まり「埼玉県」への引っ越しが決まっていたシンジ。もちろん、ケイスケと一緒にサッカーをするなんてことはできなくなります。引っ越しのショックせいなのか、埼玉県が嫌なせいなのかはわかりませんが、凄まじいほどの絶望の表情を見せるシンジ。

 
埼玉のせいで家庭崩壊の危機か?

 
「埼玉県ってなに!?そんなところ知らない!」
シンジはショックのあまり家を飛び出してしまいます。いたいけな少年をここまで絶望させる「埼玉県」という存在・・・なんとも罪な県ですね。っていうか、もうすぐ中学生になろうとする年齢で埼玉県知らないってある?どんだけマイナー県なんだよ。。

 
徹底した埼玉拒否姿勢

 
埼玉に引っ越すことを認めたくないのか、誰にも言ってなかったシンジ。しかしついに、親友ケイスケの耳に入ることになります。ショックで詰め寄るケイスケに対し、シンジは「僕は行かない。転校なんてしない・・・」と強い決意。徹底した埼玉拒否姿勢を見せます。

 
浦和レッズの立場は

 
ショックのあまり一度は詰め寄ったケイスケですが、シンジのあまりに頑なな態度に逆に心配になってしまい、一転して埼玉擁護の姿勢へ。しかし、シンジは心を閉ざしたままです。

 
埼玉行きたくなるプロジェクト

 
このままではシンジが不幸になってしまう、そんな危惧を抱いたケイスケは、シンジが埼玉県のことを好きになるように同級生に協力要請。ケイスケ達による埼玉県洗脳・・・もとい埼玉県調査極秘プロジェクトが開始されるのです。やり方はともかく、素晴らしい友情ですよね。親友とはこうありたいものです。

 
埼玉県には笑顔が似合う

 
「シンジには『またな』って笑顔で埼玉県に行ってもらいたいんだ・・・」
そうさ!埼玉県は笑顔で行くところなんだ!決して地獄なんかじゃない!!

 
■埼玉についてまずは先生に聞こう!

 
マジで知らんのか・・・

 
埼玉県を大調査!ということでまず訪ねたのが担任の先生。さすが先生、僕らの知らない埼玉をいろいろと知っています。「埼玉県は日本の首都 東京と隣り合わせ」・・・知りませんでしたね!勉強になりました。

 
海がないの言う必要ある?

 
「海はないけれど、川も多いし自然が豊か」 「さいたま新都心というすごい地区もあるぞ!」
先生から次々と明かされる、埼玉のいいところ!海はないけれど川は多い・・・ってなんとなくバカにされてるような気がしないでもないですけど気のせいですよね!
あと、さいたま新都心というすごい地区・・・は具体的に何がすごいのかに全く触れていないところがミステリアスでグーです。新都心ってネーミングがすごいってことなのかな。

 
■歴史好きなら埼玉に住むべし!

 
歴女=姫カットの法則

 
同級生のマナミちゃんは歴史大好きっ娘です。埼玉の歴史調査担当になったマナミちゃんは、お父さんに埼玉の歴史を聞いてみると埼玉といえば「さきたま古墳公園」など古墳がすごいらしいです。しかも埼玉県のマークは勾玉(まがたま)を円形に並べたものです。吉見百穴(ひゃくあな)や川越の蔵造り街なども有名ですが、なんといっても・・・

 
城好きを狂わせる埼玉県

 
埼玉県には城が多い!なかでも「忍城(おしじょう)」と呼ばれる城は、上杉氏や北条氏、石田三成などの攻めにも耐えた名城なんだそうです。まあ、要するに歴史好きなら埼玉県に住め!ってことですね。

 
■野菜好きなら埼玉に住め!埼玉グルメの世界

 
小松菜食いたきゃ埼玉!

 
次の埼玉の名産品はメイちゃんが担当。スーパーに売っている小松菜が埼玉産という大発見をします。そして、さりげなくママが「小松菜の産出額は埼玉県が1位」と豆知識を教えてくれます。メイちゃんのママは社会の先生か何かか!!

 
深谷ねぎも有名

 
それ以外の野菜も埼玉県産多し!まさしく野菜王国埼玉。これは野菜が好きなら埼玉に住めってことか?(違います)その他にもうなぎ、日本酒、ひな人形に鋳物、自転車なんかも有名なんだそうです。自転車好きは埼玉に住めってか!?(多分違う)

 
東松山のやきとりは豚肉!

 
学習マンガですからこういうページもちゃんと挿入されており、勉強になりますね。豆腐ラーメンなんてはじめて聞いた。埼玉グルメは奥が深い!!

 
■埼玉県に実際に行ってみよう!

 
結果として仲間外れな感じに・・・

 
ケイスケ達の不穏な行動を不審がるシンジの図。シンジのために極秘で始めた埼玉県調査プロジェクトが裏目に出ている気も・・・?

そんなやさぐれたシンジの気持ちをよそに、調べれば調べるほど埼玉県が魅惑のワンダーランドだったことを知ったケイスケ達は、はやる気持ちが抑えきれず、埼玉県に実際に行ってみることにします。同級生のコウヘイの親戚が埼玉県民ということでガイドを頼みます。もちろんシンジには内緒です!(そこは連れて行ってやれよ・・・)

 
大人気スポットですね

 
埼玉県の観光名所その1はキッズに大人気の「鉄道博物館」通称てっぱくです。ここめっちゃ混むんですよね・・・(子連れ経験者)。サッカー好きのシンジがうわー!てっぱくがある、よし埼玉住もう!!ってなるかどうかは分かりませんが、電車好きな人なら埼玉に住めばいいと思います。(無責任)

 
千葉とか兵庫にもあるけど

 
埼玉県北本市にはグリコタウンがある、グリコ好きなら埼玉に住め!!

 
埼玉の誇り

 
さいたま新都心には、さいたまスーパーアリーナがあるアリーナ好きは埼玉に住め!!(アリーナ好きって何?)

 
これは凄そう

 
埼玉にはまるで神殿のような超巨大地下放水路がある!神殿好きは埼玉に引っ越すべし!!

 
2002ってつくの知らんかった

 
そして、サッカー好きならやっぱりこれが一番説得力あるやつです。そう「埼玉スタジアム2002」。これがあるだけで、埼玉に行きたくなる理由は十分にありますよね!自分はサッカーあんまり興味ないんでそうでもないですけど、サッカー好きな人はもう全員、埼玉住んだほうがいいと思うんですよ、静岡県民とかも(暴言)。

・・・そんなこんなで、シンジを笑顔で埼玉に行かせるプロジェクトのクライマックス。シンジの前で熱いプレゼン大会です。果たして、ケイスケ達の気持ちは伝わるのか?

 
ゼリーじゃないけどゼリーフライ

 
「私はゼリーフライというのを食べました!」
埼玉グルメの代表格としてゼリーフライを紹介するメイちゃん、だいぶマニアックだけどそのセンス・・・嫌いじゃない!!そして・・・

 
腹をくくりました

 
ついに、シンジが埼玉に行くことを決意!これは決して洗脳なんかじゃありません。本当に心の底から埼玉県に魅力を感じて行きたいと思ったに違いないのです!!

というわけで、「翔んで埼玉」の対極にある埼玉讃美マンガ「埼玉県のひみつ」をご紹介してみました。全ページに渡って情報満載。埼玉県の魅力が余すところなくわかる学習マンガの決定版となっております。正直J君も、この本を読んで埼玉県に住めばよかったな・・・ってちょっと思ってきています。とりあえず週末は豆腐ラーメンを食べに埼玉に行こうかな。もちろん通行手形は忘れずに・・・。

■■■

出典) 「埼玉県のひみつ」 望月 恭子/おだぎ みを/彩の国さいたま魅力づくり推進協議会/学研