とどろけ!一番 8

シリーズ連載: 伝説の受験マンガ とどろけ!一番 part8











今年も成人式でアホ成人が大暴れでしたね。そんな成人達もとどろけ!一番を読んでピュアで熱きハートを取り戻して欲しいのです。そんな新成人に送ります。今日もやります。とどろけ!一番レビューのお時間です。


今回のストーリーは、一番の生涯のライバル常仁勝との最終決戦。まるで藤波と長州の名勝負数え唄の如く、幾多の名勝負を繰り広げてきた轟一番と常仁勝ですが、常仁は一番の後塵を拝し二番に甘んじてきました。常仁勝は10万人以上の従業員を擁する常仁財閥の跡取り息子。いずれ社長になる身としてとしてナンバーツーの座ではならない宿命にあったのです。(なら小学生浪人するなよ)










 常仁の背負った十字架はあまりにも重い・・



そして常仁は豹変。ベストチャンピオン決定戦で一番を倒してナンバーワンになることを決意。ついにプライドを賭けた二人の最終決戦が始まりました。



今まで一番に負け続けてきた常仁の弱点は「必殺技がないこと」。そこで常仁の父親がNASAから秘密特訓の特別コーチを招聘します。その名もミスター・アポロ。秘密特訓=NASAと言う安直な発想がいかにも小学生マンガ向けでナイスですが、ミスター・アポロと言う名前もかなりの素敵ネームですね。



ミスター・アポロの特訓はそれはすさまじいモノ。常仁の座った椅子に物凄い高速回転をあたえ、強烈なGの中で答案を解答する特訓です。つーか強烈なアホです。










 物凄いGの中で解答するNASAの秘密特訓






対する一番は、ふんどし姿でひたすら川に飛び込む特訓。これまた意味不明。しかし、実は川に飛び込むまでに空中でハチマキに差した四菱ハイユニを抜いて、またおさめるという居合い抜きの極意の特訓だったのです。だから何?



そしてついにベストチャンピオン決定戦当日。二人とも気合い十分。試験開始数分で二人の服はビリビリに引き裂かれます(何故?)










 異常なまでのテンションの高さ




そしてついに常仁勝の秘技が炸裂。その名もサンダーアポロスマッシュ」



常仁 「見たか一番!重力の特訓により50倍のスピードで書けるのだ!」



・・どうやらNASAの秘密特訓でマスターしたのはただの速記術だった模様。それに対抗して一番も四菱ハイユニ居合いスパークで応戦。二人のボルテージは上がりっぱなし。










 ついに常仁の秘技が炸裂!










しかし、この男同士の熱き戦いに水を差す輩がいました。そう、前述のミスター・アポロです。ミスター・アポロは常仁が形勢不利と見るや、アメリカ製のレーザーガンで一番の手を狙い撃ち。卑怯すぎるぞ!ミスター・アポロ!信じられない暴挙です。










 レーザーガンが一番の手を襲う!




常仁は一番が「うぎゃあ!」という悲鳴と共に苦しみ出す様子を見て、ミスター・アポロの暴走に気が付きます。男同士の勝負に水を差された常仁はなんと、自らも窓ガラスを突き破り、己の手も血だらけにします。



常仁 「どうだこれでお前と互角だぜ。」



一番 「つ、常仁・・」



もはや受験の枠を越えた漢の友情に 呆れてモノも言えない 誰もがウットリです。お互いに必殺技を封じられ、血みどろの中決戦が終了。そしていよいよ結果発表!そこへ、常仁の親父が乱入して泣きながら答案を破り捨てます



「結果なんかどうでもいい!一番君の勝ちだ!」



「ゆるしてくれ私が間違っていた・・君たちの純粋な心を踏みにじってしまった・・」



などと反省の弁。どんでん返しのラスト。その結果、二人の友情はいっそう深まったのでした。めでたしめでたし。





  読者の踏みにじられた心はどうしてくれるんでしょうね?














本日のレシピ



ライバル: 
常仁勝 (技:サンダーアポロスマッシュ)



ルール: 
 ベストチャンピオン決定戦

      

一番の必殺技: 
四菱ハイユニ居合いスパーク