かにぱんマニアックス

かにぱんマニアックス










最近、仕事が狂ったように忙しくなりまして、日記の更新ペースが目に見えて落ちてきてるんですけども、こういう状況になってはじめて気付いた。日記を書かないとフラストレーションが溜まりまくるみたいなんです。そうさ、オイラは日記依存症・・・。(=ネット廃人)



ま、そんなわけで、本日は仕事が忙しくて頭に来たのでちょっとパンチのきいた日記を書いてみようと思った。
J君は以前よりやろうと思っていて、あまりに面倒くさくて実現できなかった企画があります。それが「かにぱんでアレすること」です。




以前もちょっと日記で触れましたが、「かにぱん」というのはその名の通り、カニの形をした菓子パンで、カニの形に合わせて切れ込みが入っており、自由に分解して別の形に再構築して遊ぶことができるという、食べ物で遊んではいけませんという親御さんの教えに正面からアゲインストかましている食品。これから禁断の「食べ物で遊ぶこと」によって溜まったフラストレーションを発散してみたい。







かにぱんのベーススタイルはこのように、甲殻類ならではの特長を生かした細かい切れ込みの入ったカニ型のパンです。この切れ込みのひとつひとつが再構築のパーツになるわけですね。正直レゴもうかうかしてられないと思う。





このとおりパッケージ側面でも「遊びながら食べよう!」とあくまで食べ物で遊ぶことを推奨しています。






で、パッケージに書かれてる通りに再構築しますとこのとおり「ペンギンぱん」になります。なんかこの世の物とは思えない特殊な形してるので皇帝ペンギンかなんかだと思います。







このように、ダチョウぱん、もぐらパンと進化させることも可能です。進化の使い方間違ってますかそうですか。





ダチョウぱん







もぐらパン・・・いろいろ突っ込みたいことはあると思いますが、突っ込まないのが大人です








さらにキリンぱん、パソコンマウスぱんなどへとトランスフォームするらしいです。パソコンマウス・・・?ついにパン業界にもIT化の波が・・・?






キリンぱん、なんだか汚い出来映えですが、汚いのは作った人の荒んだ心を現していると思って結構です。





これが問題のパソコンマウスぱんです。おお、これは紛れもなくマウスじゃないですか!誰がどう見てもマウス。今すぐUSBポートに突っ込みたくなりますね(なりません)。



だいぶ疲れてきましたが・・・、なんと怖ろしいことに、かにぱんオフィシャルサイトにはさらに多くのネタが転がっておりました。もうここまで来たら漢としては全部やるしかない。






・・・どんなカタチができるカニ?(軽くキレそうになった)





タコぱん・・・





ビデオぱん・・・





ドライヤーパン。なんかマイナスイオンの代わりにイースト菌が出てそうなドライヤーですね。







さらに佳境に入って参りました。今度は昆虫類にチャレンジです。





トンボぱん・・・





セミぱん・・・さすがにこれはセミに全く見えないですが、これは単なる次のステップへの前フリでした。眼の部分を片方もぎ取ると・・・





なんと、女子高生に大人気のケータイパンですよ。もうここまでいくと第4世代ケータイって感じですね。「カニモード」とかありそう。







ついに最後です。いいかげん胃液が逆流していると思いますが、あと三つですので我慢してください。この三つは今までで最も高度なテクが要求されます。(かにぱんテク)





ちょうちょぱん・・・キモっ!こんな蝶がお花畑とかに飛んでたら卒倒しますよ。でもアマゾンあたりではホントに飛んでそうでちょっと怖いです。





ざりがにパン・・・なるほどこれはどっからどう見ても立派なロブスターですな。たぶん味はスッカスカですけど。






そしてこれがカニパンの究極形!ロボットぱんです。うん、弱そう。ほんのり赤茶けているので、「シャア専用パン」ってことでまとめたいと思います。(まとまらねー)



というわけで、仕事に疲れたらコンビニに売っている「かにぱん」でひとときの現実逃避をしてみてはいかがでしょうか?J君は今、現実逃避が終わったあとに襲ってくる現実と泣きそうになりながら闘っています。





■■■


4/11の日記より転載

参考) かにぱんチョコ ミニかにぱん