「けだものドクター毒島」いろんな意味でケダモノ野郎な獣医

いろんな意味でケダモノ野郎な獣医「けだものドクター毒島」











動物好きは絶対読まないでください!

こんにちはJ君です。世の中には獣医のマンガって割と沢山あるんですよね。「動物のお医者さん」「ワイルドライフ」「IWAMAL」とか・・・まだまだ沢山あると思います。いずれも人間と動物の絆がテーマになっていると思うのですが、今回ご紹介する獣医マンガはちょっと雰囲気が違います。



その名も「けだものドクター毒島」です。これは正直・・・ちょっと動物好きな人ほどオススメできない感じの獣医マンガです。何せけだものドクターといっても単なる獣(けだもの)のお医者さんではなく、主人公自体がケダモノという・・・。とにかくいろんな意味で型破りな獣医マンガなのです。


「けだものドクター毒島」は原作:横溝邦彦先生、作画:桑澤篤夫先生です。桑澤篤夫先生は先日ご紹介した「占い刑事」の作者でもあり、その他にもいろいろとどんでもないマンガを描いてらっしゃることから当サイト的に赤丸急上昇中な先生です。







患畜はどこだ?がキメゼリフ



そんな桑沢先生の描く獣医マンガ「けだものドクター毒島」ですが、基本的に主人公の毒島(ぶすじま)は、かなりダーティーなキャラクターがウリとなっています。たとえば、車に引かれた子犬を善意で毒島の病院に連れてきた人に向かって・・・





人間性に問題あり



「金にならん仕事は断る!」

死にそうな動物を目の前にしていても、金にならなければ治療はしないというポリシーです。普通の獣医マンガなら主人公は金にならなくても治療するのがお約束ですよね。そこからして全然コンセプトが違います。さらに追い討ちをかけるように・・・





獣医なのにけだもの呼ばわり



「公園にでも埋めろ」「人でなし けだものっ!」

そんな毒島の非情な態度に思わず客も罵らずにはいられません。獣医自身が「けだもの!」って罵られる事って古今東西あまりないんじゃないでしょうか。





ブラック・ジャック級の医療技術



しかし、この毒島、獣医としての実力はハンパではなく、一度やる気になると、他の獣医がことごとくお手上げだった動物を的確な知識と手術で鮮やかに直してしまいます。まるで獣医界のブラック・ジャックのような凄腕なのです。しかし本当に恐ろしいのはここからでした。治療費が高額なため払えないとなれば・・・





そんな支払い方があるのか!?



なんと体で払わされるハメに!そして客は・・・





まさに外道!



「けだものォ けだものォ あ、ああ~っ!」

・・・・ようやっとタイトルの意味がお分かりいただけましたでしょうか。こんにちは、けだものドクター毒島です!



とまあ、これだけでも十分酷い事になっているマンガなのですが、その独自の治療方法も凄いことになっています。飼い主が見たら卒倒しそうな凄い治療のオンパレードです。







犬に寄生虫ダイエット



肥満体で犬アトピーにかかった犬に寄生虫を食べさせるという独自すぎる治療を行います。本当にこんな治療方法あるんでしょうか・・・犬を飼ったことのないJ君には想像もつかない治療法です。



さらに・・・池で溺れて呼吸困難になった猫には究極の治療法、スイング法が炸裂します。あらかじめ申し上げておきますが、ここから先は過激すぎて猫好きの方は見ない方がいいかもしれません。引き返すなら今です。



・・・それではご紹介しましょう。これがスイング療法だ!





ジャイアントスイングより酷い



ブオン!





腕が伸びきってます



ブオン!ブオン!

もうやめて!猫ちゃんのライフはゼロよ!







本当に効いた!



しかし、そんな毒島の治療で見事一命をとりとめる猫。

毒島すげえ!ほんとに治った!!







大丈夫なんだ・・・



「よし!もう大丈夫だ!」

大丈夫なのか?本当に大丈夫・・・なのか??

他の意味でいろいろとダメな気もするんですが・・・。



毒島は動物に関する知識が驚異的なため、治療以外にも動物のお悩み相談などをズバリ解決したりします。たとえば、トップブリーダーが育てた血統書つきのチワワが、ある日身に覚えもないのに突然妊娠してしまう事件が発生。

その謎を名探偵コナンのごとく毒島が解決します。果たしてその妊娠の原因とはなんだったのか・・・?



本能って恐ろしいね



なんとドアの郵便受けの穴からアレを突っ込む雑種犬。





なんという光景・・・



血統書付のチワワは郵便受けの向こう側でバックの体制でウェイティング。そして・・・見事ドッキングです!なんという衝撃の交尾シーン。ここまでいくと生命の神秘を感じさせますね。ディスカバリーチャンネルで取り上げていいレベルです。



そんな感じで目の離せない展開が次から次へと巻き起こる「けだものドクター毒島」なのですが、2巻は、雪山の中で荒れ狂う熊を命からがら治す獣医を超えたハードコアな展開。3巻は動物の密売組織のドンである毒島の父親と美味しんぼ並みの親子憎しみバトルに発展するというかなり予想の斜め上の展開が待っています。ちなみに1巻は比較的簡単に入手できますが、2巻・3巻はなぜか異常に入手困難なので電子書籍でないと読めないかもしれません。



あと、今回ご紹介した「けだものドクター毒島」は、まんだらけ岩井道さんの著書「マンガけもの道」でも詳しく紹介されてます。「まんがけもの道」はJ君も全く知らないような超マニアックなマンガ目白押しですごく勉強になります。この手のマンガが好きな人はオススメですよ!



■■■


出典)「けだものドクター毒島」 芳文社 /桑澤篤夫/横溝邦彦

Amazonで見る

◆WEBで「けだものドクター毒島」を立読み ⇒ ebookjapan/ 楽天DL