天気予報が全然頭に入ってこない! 世界一セクシーな気象予報士マンガ『お天気お姉さん』

天気予報が全然頭に入ってこない! 世界一セクシーな気象予報士マンガ『お天気お姉さん』

 お天気お姉さん……サラリーマンにとって、出勤前の朝の荒んだ心を癒やしてくれる一服の清涼剤。清楚かつ可憐であり、そして女子アナよりもどことなく親しみやすい存在、日本ではそんなイメージではないでしょうか。

しかし、海外に目を転じると、メキシコで、アメリカで、ロシアで、超ミニワンピース姿やビキニ姿を惜しげもなく晒す、セクシーすぎて天気予報が全然頭に入ってこないアグレッシブなお天気お姉さんたちが存在します。朝からすでに深夜番組みたいな雰囲気! これはこれで羨ましい。

でも、ちょっと待ってください。そんなセクシー天気予報の先駆けは、日本のマンガにあったのです。その作品の名は『お天気お姉さん』(講談社)。至ってシンプルなタイトルながら、読んでみたらビックリ、超エキセントリックなドスケベお天気お姉さんが活躍する作品でした。

『お天気お姉さん』は安達哲先生による作品で、1992年から94年まで「週刊ヤングマガジン」で連載されていました。主人公のお天気お姉さん・仲代桂子は、赤字テレビ局ATVの女子アナウンサーです。入社半年にしてゴールデンタイムの看板ニュース番組にお天気お姉さんとして抜擢された桂子は、最初こそイメージ通りに爽やかかつ清楚にお天気レポートをしていましたが、突然……

「北海道では季節外れの大雪になっており、札幌では積雪40センチ」

「あたし今ヒザ上10センチのスカートですが……このぐらいでしょーか?」(スカートをたくし上げるパンツモロ見せ)

ゴールデンタイムの生放送中に、突然セクシー天気予報を炸裂させ、視聴率が15%超え。一躍、時の人となります。

その後も、スタッフの制止を無視し、セクシー路線を突っ走る桂子。

「進学新卒の人いっしょにはりきりましょうね、浪人の方々もしっかりね、応援するからがんばってね」

「シャンと胸はって! このようにねッ」(ブラウス全開でブラジャーを放り出す)

このような過激な天気予報で、短期間のうちに視聴率女王へ、そして局内における女帝として君臨するようになった桂子。まわりの妬みやっかみも相当なもので、桂子を巡って恐るべき女同士の戦いが繰り広げられます。

特に、桂子のせいで、お天気お姉さんを降板させられた先輩アナウンサー・河合みち子は、出演前の桂子の弁当に下剤を入れるなど、桂子の足を引っ張ろうとします。しかし、それがバレて、桂子に逆襲を受けるハメに。

桂子は復讐として、みち子が出演前に飲むお茶に下剤を入れるのですが……なんと、ただの下剤ではなく、動物園のゴリラ用強力下剤でした。まさに10倍返しッ! 生放送中に凄まじい便意が襲い、とうとう我慢できず●ンコを漏らしてしまったみち子は仕事が激減し、窮地に陥ります。マンションのローン返済のため、桂子の付き人として働くことになり、公私ともに奴隷のようにこき使われることに……。

そう、桂子は自分の敵対する相手は徹底的にぶっ潰し、精神的ダメージを負わせた後、自分の奴隷にしてしまうという究極のドS気質を持つ、通称「仁義なき女」なのです。そこには、僕らの思い描くお天気お姉さんとしての清楚さや癒やしの要素が微塵も感じられないのです。

その後も次々と「仁義なき女」桂子の前に、敵対する女たちが登場します。

郵政省高官の父を持つフランス支局帰りの女子アナ・島森かおりは、溢れ出る才女っぷりと絶大なる親のコネクションにより、桂子を圧倒。初めて桂子が劣勢に立たされます。さらに、みち子を奴隷として奉仕させているという情報を掴んだかおりは、それをネタに、さらに桂子を追い込もうとします。

しかし、普段は才女として振る舞うかおりも、内に秘めた溢れ出る性欲がハンパではなく、桂子に触発されて、自分自身がみち子とエロ行為に及んでいるところを桂子に隠しカメラで録画されてしまい、形勢逆転。桂子に脅される立場になります。

次なる刺客は、元アイドルにして、売れっ子芸能リポーターの本城真奈美。人気タレントの浮気シーンなどを次々に暴き、「週刊文春」並みの活躍を見せます。そんな真奈美の次のターゲットこそが、視聴率女王・仲代桂子。桂子のスキャンダルを暴くために、徹底的につきまとうようになります。

なかなか尻尾を出さない桂子に焦った真奈美は、チンピラを雇って桂子を襲うように仕向けますが、雇ったチンピラ同士の仲間割れで死者が出てしまいます。さらに、その一部終始を桂子に目撃されるのです。そして、弱みを握られた真奈美も桂子の奴隷に……。この作品、気がつけば桂子の奴隷ばっかりです。

その後も電気ウナギとのバトル、婦人警察官との女子プロレスなどなど、もはや天気予報などどうでもよいスケール感で、仁義なき女・仲代桂子の絶倫パワーはとどまるところを知りません。

というわけで、超絶ハイテンションなお天気キャスターによるエロコメディ『お天気お姉さん』をご紹介しました。以前当コラムでご紹介した、癒やし系女子アナマンガ『女子アナ七瀬』とは正反対の内容ですので、読み比べてみても面白いかもしれません。

■■■
引用)
『お天気お姉さん』 安達哲/講談社

タイトルとURLをコピーしました