究極のZ級ホラー!「死霊の盆踊り」

ハリウッド史上最低の映画!「死霊の盆踊り」

お前らホラー映画は好きか?え、なになに?気持ち悪いから見ない?怖いのは趣味じゃない?ホラーなんか見るのは金の無駄だから見たくない?甘ったれるな小僧!

その昔、1980年代の我が国にて、今のCGによる映像とは違い、SFXと言う特殊メイク技術が映画の主流でありました、その技術が最も生かせるフィールドとしてホラー映画ブームが訪れたのです。このブームに便乗して数多くのB級ホラー映画が日本で紹介されました。その中でも死霊のはらわた、死霊のえじき等ゾンビがフューチャリングされた「死霊の○○」系の作品はそれこそ雨後のタケノコのごとく生み出されました。そんな死霊ブームのどさくさ紛れてさりげなくビデオ化された映画、それが今回ご紹介する「死霊の盆踊り」なのです。

「死霊の盆踊り」が伝説の作品であることを証明するかのように、この作品には数々の形容詞で賛辞が贈られています。

ハリウッド史上最低の映画


一度見たら意味不明・二度見ても意味不明・三度見たらトランス状態

店長が自信を持ってお薦めしません!映画として失格。

などなどあげていったらキリがありません。

そう、ホラー映画の多くが「B級」と呼ばれるならば、本作品は史上初の「Z級」。映画としてはもちろんホラー映画としても常識はずれの内容なのです!

1.怖い

2.気持ち悪い

3.ストーリーはくだらないが作品中にそれなりの「見せ場」がある

これが一般的なB級ホラー映画のイメージではないでしょうか?しかしZ級ホラーはひと味違います。

1.全く怖くない

2.特に気持ち悪くもない

3.ストーリーは最初から最後までいたって淡泊

さらに加えて・・・

4.制作スタッフのやる気の無さがビンビン伝わってくる。

・・・これではもはやホラーとは呼べない。これじゃただのどうしようもない映画じゃないか!とお感じになる方も多いかと思います。ところが実際に作品を観てみると・・・いや実際ほんと、どうっしようもない。(フォローしようがない)

前置きばっかり話してもしょうがありません、本編をご紹介しましょう。まず車に乗ったとあるカップル。どうやら男はホラー作家で、墓場に行ってストーリーのヒントを探しに行こうと考えているようです。(設定からしてアホ)

 夜のドライブシーン

「夜に墓場に行くのはイヤよ。戻りましょう。」

当然ガールフレンドは嫌がりますよね。夜の墓場なんて不気味です。ここでカメラアングルが「引き」に切り替わります。

 午後の昼下がり?

あれ、すっごく明るいよ!?目の錯覚かな?

 真っ暗で何も見えません

「何も見えないわ。戻りましょう」

ここでカメラアングルが(以下略)

 かなり明るいです

完全に昼じゃねえかよ!

初っぱなからこのいい加減さ。ワザとやってるとしか思えません。

キャアアアア!いきなり車がコントロールを失い崖から転落する

カップル。そして目を覚ました二人は墓場に迷い込み、悲劇は始まるのです。

 バカップル

そして墓場には夜の帝王なるおっさんが現れます。どうやらこれから「死霊達の恐怖の宴が始まるのだ!」みたいなことを演説してるのですが、なぜかカメラ目線ではなく目が不自然にあさっての方へ向いています。つーかこのおっさん絶対カンペ見てます

 なぜかカメラ目線じゃない夜の帝王

いよいよ、死霊達の恐怖の宴が始まりました。「火に命を捧げた女」とかいう女が現れ、怪しげな踊りを始めました。

  踊りにご満悦

・・・死霊と言うよりは完全に生身の人間ですが、それはもう諦めましょう。それを見て夜の帝王&闇の女王はたいそうご満悦のご様子です。と、一瞬の場面転換があったその次のシーンで!

なんか脱いで踊ってます。うわ、何の脈絡もねえ!

そうです、この「死霊の盆踊り」は普通の生身のお姉ちゃんが、いろんなコスプレで登場しては、裸踊りを始めるというだけの映画なのです。もちろんストーリーは一切展開無し!最初から最後まで裸踊りオンリー。しかも、お姉ちゃんの一人あたりの持ち時間は10分前後(長え・・・)。こんな恐ろしい映画がかつてあっただろうか!?(いや無い)

ではそんな名場面シーンをダイジェストでお送りしましょう。

エントリーナンバー1 「闇に生きる女」

   カマーン♪

エントリーナンバー2 「黄金を崇拝した女」

   ルミ子っぽい

エントリーナンバー3 「猫女」

   はじめから乳が出てます

エントリーナンバー4 「花嫁衣装の女」

   おっぱいブルブル

・・・他にも盛りだくさんだよ!(ゲンナリした表情で)

で、最初に出てきた人間のカップル達は何をしてるのかというと、ただその宴の様子を眺めているギャラリーでした。そのカップル達の会話

「大学のパーティかしら?」

「何かのパーティだが大学ではなさそうだ」

・・・上のヤツらが大学生の集まりでないことは見れば2秒で分かります

「なんだか怖いわ・・・・」

・・・・怖いのかよっ!

とまあこのバカップル、怖いんだったらとっとと逃げればいいのに、ぼんやり眺めてるもんだから、あっさり夜の帝王に見つかります。手下の狼男とミイラ男がカップルを引っ捕らえ、墓にくくりつけます。バカップル大ピンチ!と思いきや、特に何か拷問されるわけでもなく、場所を変えてただ延々裸踊りを見せられるだけでした。盛り上がる気配が全くありません。むしろ見てるこっちが拷問です。

 バカップル捕まり中

しかし最後の最後でとってつけたように闇の女王が、ナイフでカップルに襲いかかります。ついにストーリーが動いた!と思いきや降り注ぐ太陽!タイムアップです。死霊達はみんな骨になってしまいました。バカップルは無事救出されてハッピーエンド。ハッピーエンドかよっ!

  

この映画最大の見せ場・・・

そんなわけでこの「死霊の盆踊り」、素人にはお奨めできないあまりにもアレなホラー映画なワケですが、どうしても見たい人は3倍速で見るか10分おきに見ることをオススメします。そうでないと闇の帝王曰く「気を失うほどにおそろしい・・・」状況になりかねません。J君も何度となく気を失いました(眠くて)。

<<「死霊の盆踊り」以外のB級映画はこちらです。>>

Amazonで「死霊の盆踊り」 →