釣りバカ大将 4

驚愕の激釣りマンガ! 釣りバカ大将 part4












釣りには仕掛けが大事と言います。水沢アキの仕掛けは不発のようですが。


今日も釣りバカ大将こと大将と、流竿次郎の釣りバカコンビは新たな釣りスポットを探しの真っ最中。いつのまにやらとんでもない秘境に迷い込んでしまったようです。しかし大将の野生の勘はすごかった。秘境の先に地図にも載ってない湖を発見。魚がバカスカ釣れます。誰も知らない穴場を見つけた大将達はたいそうご満悦。



しかしそうそう甘い話ばかりでないのが世の中。なんと次の日、大将と竿次郎は謎の組織に身柄をさらわれてしまいます。一体何者なのでしょうか・・?大将達はただ釣りをしていただけなのに・・?










 釣り忍者・・本職でしょうか?




「われわれはこの湖をお守りしている、釣り忍者。」



釣り忍者!



「この湖は、竿を入れてはいけない禁断の湖!それなのにおまえらは、釣りをやった!」



なるほど納得!ってそんな身勝手な!



そんなわけで釣り忍者が守る禁断の湖で釣りをしてしまった大将達、その報いとして、湖に住む主である金色のコイ(齢1000歳)の餌になってしまう事になりました。もう、忍者なんだか首狩り族だか分からない展開ですが、とりあえず大将達が大ピンチ!










 やたら細かい事情に詳しい




「待てい!!」



と、そこに白髪の老人が登場。どうやら忍者の頭領のようです。



「そやつか、千人に一人の釣りの天才釣りバカ大将は?」



秘境に住んでいる割にえらく詳細な情報です。



「明日の日暮れまでに、あの金色のコイを見事釣り上げれば許してやる。」



・・どうやらやっと釣りマンガらしい展開になってきました。しかしもし釣れなければコイの餌です。J君の記憶が確かならば、コイって肉食じゃないような気がするんですが、釣りバカ大将ではストーリーの都合上、魚は基本的に肉食ですので良く覚えておいて下さい。












 命がけの釣りマンガ




そして生死をかけた朝が来た!

全然釣りマンガっぽくない出だしですが、さっそくコイ釣り勝負開始。












 今宵も眼が光りまくり




そりゃあ~~~~!かかった!!

釣れるの早っ!開始後わずか1分と経っていません。



齢1000歳を超える湖の主がこんなに簡単に釣れていいんでしょうか。ご心配めさるな!(忍者風)



激釣りマンガ釣りバカ大将の真骨頂は、ターゲットの魚が釣れてから引き上げるまでにあると言ってよい。釣った後に魚が逆ギレして襲いかかってくるのがお約束です。












 やっぱり肉食です




ほらね!

案の定、凶暴化したコイが大将の釣舟に襲いかかり破壊しました。そこで大将はどうするか?答えは回りの舟に次々飛び移るです。名付けて「釣大将流八っそう飛び!」










 八そう飛び!(ただ逃げてるだけ)




何度も言うようで恐縮ですが、それは釣りじゃねえ!



最後は大将が仕込んでいた仕掛けにおびき寄せ見事コイをゲットしたのでした。めでたしめでたし。










 釣れましたー!




皆さんも湖で釣りをするときは、釣り忍者に気をつけましょうね。気をつけようが無い気もしますけどね。