オニオングラタンスープバトル

自称「日本一オニオングラタンスープを食べた男」





皆さんはオニオングラタンスープ、お好きですか?J君はここだけの話、かなり好きです。J君のように毎日の食事におけるファミレスの占有率が暴力的なまでに高い人間にとって、定番メニューであるオニオングラタンスープはそれこそ毎朝の味噌汁のように生活になくてはならないものとなっています。先週は1週間で9杯食べましたが特に体に異変もなく、まだまだ元気です



それにしてもフランスの家庭料理であるオニオングラタンスープは何ゆえあそこまでファミレスに定着してしまったのか?日本で屈指のオニオングラタンスーピストであるJ君は主要なファミレスでのオニオングラタンスープ採用状況をチェックしてみました。





























































デニーズ
ジョナサン
ロイヤルホスト
すかいらーく
不二家レストラン
ガスト ×
びっくりドンキー ×
COCO’S
CASA ×
BIG BOY ×
サンデーサン ×
アンナミラーズ
神戸屋キッチン ×
馬車道

調査の結果、藍屋・夢庵・とんでん・華屋与兵衛などの和食系やバーミャンなどの中華系はもちろんオニオングラタンスープは存在しませんし、サイゼリヤ・フラカッソ・すかいらーくガーデンズなどのイタリアン系、フォルクス・ステーキのどん・ステーキ宮等のステーキ専門店系の他、スープバーを採用しているファミレスもオニオングラタンスープはメニューにない傾向にありました。



すごいですね、なんか研究論文みたいです。「OGS(オニオングラタンスープ)に関する研究論文」とかいってなんかカッコよくないですか?ダメですかそうですか。



そんなわけで、東武(百貨店)の不二家レストランにオニオングラタンスープがあると聞けば行って明太子スパとセットで注文し、西武(百貨店)のCASAにオニオングラタンスープがあると聞けば行ってガセネタだと知って愕然とし、埼玉の馬車道にオニオングラタンスープがあると聞けば国道17号を車ですっ飛ばして道に迷うという、宮沢賢治も真っ青の執念により、このオニオングラタンスープレポートを作成いたしました。内容の薄さの割に大変な労力とコスト(セットメニューで頼んだりしてるので)がかかってますので心して読むように。



正直、これだけしょっちゅうオニオングラタンスープを大量に摂取していると自然と舌も肥えてきます。当然、質の悪いオニオングラタンスープを出す店があれば、いかに温厚なJ君といえど



 

「ガシャア」



 

「女将を呼べッ!!」

というような状況もありえます。まあファミレスに女将はいませんけど

さて早速ファミレスのオニオングラタンスープをレビューしてまいりましょう。今回は、

























チーズ感 ・・・チーズのとろけ具合、量など
バゲット感 ・・・パンの厚みや美味しさ、やわらかさ
オニオン感 ・・・スープにオニオンの味がでているかどうか
ルックス ・・・見栄えがよいかどうか
総合 ・・・味が美味しいかどうか

の5つの要素について、1つ星から3つ星までの3段階で評価する信頼と伝統のミシュラン方式を採用しております。ただし肝心のレビュアーの方は信頼と伝統について皆無なところが難点。





■デニーズ オニオングラタンスープ 400円

さて、J君の生活圏の中にもっとも多く存在するファミリーレストランがこのデニーズ。デニーズの周囲の評判は、デザートは充実しているけども、食事の方はどうよ?というものですが、J君行きつけのデニーズにはたまに小倉優子似のウェイトレスさんがシフトに入っているという時点で、癒し系ファミレスとして高ポイントです。しかし肝心のオニオングラタンスープはどうか?



スープの上にバゲット(パン)が2つ乗っているのが特徴。チーズはバゲットの上というよりはスープの底に大量に沈んでいる。そのチーズ感はかなりのもの。ただし、パンの耳が固く、アツアツの状態で頬ばると、かみ切れないパンからスープがほとばしり小龍包以上に危険。注文する方は要注意されたし。

























チーズ感 ★★★
バゲット感 ★★
オニオン感 ★★
ルックス
総合 ★★





■ジョナサン オニオングラタンスープ 399円

J君にとってデニーズに次いでなじみ深いファミレスであるジョナサン。こちらはデニーズより1円安い399円。よく分からないが、オニオングラタンスープ業界でもまるでビックカメラのような激しい価格競争が展開されているのだろうか。



こちらは見た目はかなり酷いことになっている。急いで作ったのだろうか。399円のオニオングラタンスープであっても決して手を抜いて欲しくないところだが肝心の味はどうか?



オニオン感もチーズ感もなかなか。標準的な味である。デニーズの弱点であったパン部分にも問題はない。考えてみればしょっちゅうジョナサンでオニオングラタンスープを頼んでいるため、無意識にこれが標準の味となってしまっている気がする。見た目は酷いが味はしっかりオニオングラタンスープしている。

























チーズ感 ★★
バゲット感 ★★
オニオン感 ★★
ルックス
総合 ★★ 





■アンナミラーズ オニオングラタンスープ 368円

ファミリーレストランというにはあまりにも男の欲望が渦巻くレストラン、アンナミラーズ。はじめて入ったが、ショッキングピンクのウェイトレスさんの制服は度肝を抜かれた。スカートの丈も心なしか短い。しかしJ君の目的はウエイトレスさんではない、オニオングラタンスープ以外に眼中はないのだ。いや全くないといったらウソになる。・・・すいません6:4で制服でした



他のファミレスに比べても比較的高い値段設定のアンミラだがオニオングラタンスープは意外なほど安く業界最安値の368円。お味の方は・・・





かなりのあっさり系。なんというかコンソメスープにオニオンのコクがあまり溶け出していないのだ。このオニオンの状態をみれば分かってもらえるだろうか。チーズ感もあまりない。オニオン入りスープとしては悪くはないが、オニオングラタンスープとしてはやや期待はずれの感が否めない。見た目が美しいのはさすがルックス重視のアンミラといえる。

























チーズ感
バゲット感 ★★
オニオン感
ルックス ★★★
総合





■ロイヤルホスト オニオングラタンスープ 420円

ファミレス界において今最もセレブな雰囲気を漂わせている格式高いファミレスがこのロイヤルホスト。今回のオニグラ対決の大本命とも言える存在。なぜ本命かというと、それには理由があります。





来日したマリリンモンローが「おいしい」と3日連続食べたスープ

まさにセレブのオニオングラタンスープ!しかし、ことはそう単純ではない。



 

「日本の食通とたてまつられてる人間はこっけいだねえ!」



 

「中味じゃなく名前をありがたがってるだけなんじゃないの?」



そう、マリリンに惑わされてはいけない。問題はあくまで中味なのだ。J君のコカコーラとペプシコーラを見分ける事のできる黄金の舌をもってすれば、たとえマリリンモンローがなんと言おうが厳しい裁定が下るであろう。さて食べてみることとしましょう。



 



・・・いやあ美味いね。美味いよこれは!マリリンの奴、よく分かってるね!見た目の美しさもさることながら、オニオンがスープに完璧にとけ込んで甘みが出ている。チーズとパンのバランスも絶妙。食べるほどにいかに洗練されているかが伝わってくる。

























チーズ感 ★★
バゲット感 ★★★
オニオン感 ★★★
ルックス ★★★
総合 ★★★





■COCO’S オニオングラタンスープ 399円

店舗数が意外と多いわりには存在感の薄いインディーズ系ファミレス界期待のCOCO’S。期待してるのはJ君だけなのかもしれませんが、以外とメニューが充実しているので個人的にはお気に入りです。



肝心のオニオングラタンスープはこのように表面に一面に広がるパンとチーズがグラタンぽさを醸し出していていい感じ。スープの方はデニーズやジョナサンと近い感じでコクがあって甘みもよく出ている。パンがなぜかお麩っぽく感じた。

























チーズ感
バゲット感 ★★
オニオン感 ★★★
ルックス ★★
総合 ★★





■不二家レストラン オニオングラタンスープ 480円

ペコちゃん像がお出迎え、客層のファミリー率が異常に高い不二家レストラン。お子様達の騒ぐ声がすさまじい。男一人で乗り込んだJ君の店内での浮きっぷりはそれはもうすさまじいものでした。同じ男としてポコはこの切ない気持ち、分かってくれるだろうか・・・?



ファミレス界最高価格の480円となる不二家オニオングラタンスープはパセリが茎付きでのっかっており見た目の質感はかなり高い。スープもパンも値段だけのことはある。ただしチーズの酸味が強く今ひとつスープとの相性が悪いように思った。

























チーズ感 ★★
バゲット感 ★★★
オニオン感 ★★
ルックス ★★★
総合 ★★





■すかいらーく オニオングラタンスープ 399円

ファミレスの代名詞的存在でありながら、ガストやジョナサンに押され、最近はあまり見かけることがなくなったすかいらーく。オニオングラタンスープはジョナサンと同じグループのため、同じものなのかと思っていたのだが、全然別物であった。

 

オニオン感が強烈。スープに十分オニオンが溶け出し甘みが出ているにもかかわらず、ざく切りのオニオンが視認できる。かなりワイルドな感じだが、好きな人は好きなはず。

























チーズ感 ★★
バゲット感 ★★
オニオン感 ★★★
ルックス ★★
総合 ★★





■馬車道 オニオングラタンスープ 399円

ウェイトレスさんの制服がサクラ大戦やはいからさんが通るを思わせる袴姿でその手のマニアの方の注目を集める馬車道。メニューもかなり魅力的なのだが、いかんせん埼玉県を中心として店舗展開が偏っているのでマイナーファミレスの感が否めない。



ものすごい大きなスープの容器が圧巻。この値段でこの量ならかなりリーズナブル。スープの方はさっぱり系でオニオン感はあまりない。ただしその分チーズが頑張ってる感じ。

























チーズ感 ★★★
バゲット感 ★★
オニオン感
ルックス ★★
総合





というわけでファミレスオニオングラタンスープ対決、いかがだったでしょうか?たぶん同じような画像のオンパレードでワケが分からなくなってることかと思います。実際J君も途中からワケが分からなくなりました。基本的にオニオングラタンスープ自体が美味しい料理であるので、どこのお店で頼んでもハズレはありません。どこもそこそこに美味い。ただし、オニオングラタンスープというメニューへの愛情の注ぎ方はお店によってかなり差がありました。



マリリン・モンローはロイヤルのオニオングラタンスープを3日間連続で食べて伝説に残りましたが、J君は1週間連続でオニオングラタンスープを食べているので事実上のマリリン越えを果たしたといえるでしょう。「マリリンを超えた男」これからはJ君をそう呼んでいただいて差し支えないと思います。


■■■


参考)  オニオングラタンスープリンク →       

      自称「日本一ラーメンを食べた男」のラーメン日記 (タイトルの参考元)

出典) 「美味しんぼ 第一巻」 小学館/雁屋哲/花咲アキラ