神秘納豆 クレオパトラの幸せ

ピラミッドパワーが宿る・・・魅惑のクレオパトラ納豆



納豆はピラミッドパワーで美味くなる!

日々ネタ探しに余念の無い男、J君は本日もネタを探して「ExciteBitコネタ」なるページを眺めていたら、とんでもない納豆を紹介しているページを発見。



そこに掲載されていた納豆は想像を絶するものでありました。ピラミッドの形をしたパッケージ、そして従来のクレオパトラの概念を覆すようなイラスト・・・神秘だ、神秘すぎる!いかようかん以来の壮絶なネタの香りが漂うこの「神秘納豆 クレオパトラの幸せ」。J君はセレブの誇りにかけて、じっちゃんの名にかけて(まあ嘘ですが)、この究極の納豆に挑んでみることにした。


これから先の文章は納豆が嫌いな方にとっては失神ものかもしれません。このページを見るなどして納豆嫌いを克服してからご覧ください。



さて、この「神秘納豆 クレオパトラの幸せ」自体は、エジプトに行ったりしなくても三重県が誇る地納豆屋、奥野食品さんでいとも簡単に購入することができます。ただし、1個1600円と納豆としてはべらぼうに高額。おそらく日本の納豆の中でも最高ランクのセレブ納豆であることに疑いはありません。なにせクレオパトラの幸せが詰まっている納豆なのだから(自分で書いていて意味が分かりません)。



さて、さっそく通販で買った納豆が届きました。奥野食品さんでは例のクレオパトラの幸せ・・・だけでなくさまざまな個性的な納豆が販売されており、アレだけだとあまりにリスキーということで、他の納豆も購入してみました。黒豆を使った納豆とか、梅干し納豆とか、いや美味いわー。市販の納豆と違って豆自体が相当に美味いです。納豆好きなら誰もが納得する地納豆の深い味わいです。これはすごいかも。



 料理人☆黒豆まめこ・・・





で、問題は最後に残ったコレなんですけども・・・



 手作り感覚です



包装からしてセレブだなあ・・・(主に花のところが)



 オーラでまくり



で、問題のピラミッド型のパッケージですが。なんかはじめて少女漫画にチャレンジした小学生が書いたようなイラストが書いてあるんですけども、



 新型クレオパトラ



これ・・・もしかしてクレオパトラ?

従来のクレオパトラのイメージを根底から覆す新型クレオパトラの人物画に度肝を抜かれます。ザクかと思ったらグフだった!みたいな。そして、それ以外のピラミッド面にもキチンとエジプトを思わせる落書き・・・じゃなくイラストが描き込まれていて芸が細かいです。



 スフィンクス?





あと、なんかピラミッドの側面に商品の説明書きも書いてありました。

「神秘納豆 クレオパトラの幸せ」はかつてエジプトの女王クレオパトラが愛した健康法の数々を食文化として合わせ納豆に昇華した伝統的で革新的な納豆です。



 無理矢理な解説



ツッコミ待ちか・・・?

どう考えても釣られている気がするのでここはあえてスルーとさせていただきます。そして、恐る恐るピラミッドなパッケージをオープンすると・・・



 想定外の中味



この通り、非常にコメントのしづらい状況になっておりました。なにかピンクのフサフサしたもので小ビンが囲われております。その外周を取り囲むようにエジプトの装飾物のごとき薬味群が並びます。ご紹介しましょう。



 納豆とは思えない

左から「真珠粉末」「乾燥バラ」「くろす蜂蜜」「二見岩戸の自然海塩」・・・どれも三重県が誇る特産品だそうです。





 謎の巻物

最後に、謎の巻物がついてました。

これで、いったいどうしろと!?






想定外のピラミッド内部構造を見せられて、世界ふしぎ発見の野々村真のごとく目が泳ぎ始めているJ君ですが、どうやらこの巻物に詳細な食べ方が書いてることが判明。早速開いてみることにします。





 君は解読できるか?



ババーン!・・・ああ、もうめんどくさい!

巻物ではなぜかエジプト風のかっこをしたフレンドリーな絵のたぬきが、詳細に食べ方を教えてくれます。





 当然手書きです

えーと、まずこの魅惑の小ビンを・・・

って、これ魅惑の小ビンていうのかよ・・・いちいちツッコミどころ満載だな。



 微妙に透けてる・・・

・・・金の小ビンから微妙に納豆が透けて見えるあたりが魅惑なのでしょうか?



 驚愕のオイル漬け



開けると、オイル漬けになった納豆が・・・すげえ。納豆のオイル漬けなんてアリなのか??どうやらクレオパトラの好きなハーブを漬け込んだ特製ハーブオイルに納豆を漬け込んであるとのこと。



次に真珠粉をまぜて、乾燥バラの花蜂蜜を・・・と。



 調合中・・・



なにせ1600円もする超高級納豆です。失敗は絶対に許されません。巻物を慎重に読み進み、針に糸を通すような感覚で慎重に納豆に薬味を調合して行くJ君。すると、巻物の最後に衝撃の記述が



 無責任発言



「4種類、かけてもかけなくても、あなたの調合の仕方で何通りにもアレンジできちゃうのだ。

いまさらコイツ・・・タヌキ汁にするぞ!と、たぬきに対して軽い殺意を抱きつつも、何通りも調合をするほどの精神的余裕もありませんでしたので、この調合でついに究極のクレオパトラ納豆の完成です!(ちょっと料理の鉄人ぽい雰囲気で)



そして、納豆といえばご飯。この個性的極まりないセレブ納豆に対抗するためにJ君が用意した究極のご飯とは・・・!



 ネーミングだけで採用



「カト吉 21世紀のごはん」

そう、クレオパトラ納豆が紀元前であるなら、ご飯は21世紀で対抗するしかありませんよね?紀元前VS現代の壮絶バトル。まあ、すでに勝負はついてるような気もしますが・・・、人間思い込みが大事です。負けるなご飯!(意味不明)

た、食べます・・・



 



・・・ふぅー。ちょっとまってね。ビビってない。ビビってない。大丈夫。僕はやればできる子なんだ!



・・・うん、なかなかいい納豆だ!なんか塩で食べる納豆ってのはかなり新鮮なんですけども、納豆も塩もかなり良い物なので美味しくいただけます。オイルのおかげで納豆特有のネバネバや臭みもほとんどありません。でも逆に、オイルに包まれてるおかげで真珠粉と乾燥バラと蜂蜜の味もよくわからないけど・・・。



作り方を間違ってしまったのかもしれませんがベストは尽くしました。J君的にはこれがいっぱいいっぱいです。結論としては、美味い納豆をハーブオイルで漬けて塩で頂く全く新しい大豆食品という感じがしました。



というわけで究極のセレブ納豆「神秘納豆 クレオパトラの幸せ」をご紹介してまいりました。これだけ凝ったパッケージングに、三重県名産の粋を尽くした薬味の数々を加えて、たったの1600円!これは安・・・うーん。納豆が大好きな人なら一度お試しあれといっておきましょうか。



ちなみに、パッケージは本物のピラミッドと同じ52度の角度で作られているのでピラミッドパワーも出てるかも知れないとのこと。すごいね!(よくわからんが)




■■■


参考)  レビュー →     奥野食品 「神秘納豆 クレオパトラの幸せ」

      ピラミッド関連 → ピラミッドパワー ピラミッド温泉