戦慄の青ハヌマーン?「ジャンボーグA&ジャイアント」前編

戦慄の青ハヌマーン?「ジャンボーグA&ジャイアント」前編









ええい、タイの特撮ヒーローは化け物か!

こんにちは、J君です。久方ぶりの更新となりますが、皆様お元気でしょうか?J君はそれほど元気ではありません。今回レビューする映画のせいでもうグッタリですよ。



そのヒーローらしからぬサディストぶりで当サイトでも根強い人気を持つタイのヒーロー「ハヌマーン」。ご存知の方も多いかと思うのですが、なんとそれよりも前に日タイ合作映画にハヌマーンをも凌駕するヒーローが存在してやがりました。その名は「ジャイアント」。通称青ハヌマーンと呼ばれるこのヒーローが活躍する映画「ジャンボーグA & ジャイアント」を本日はご紹介いたします。


さて、この「ジャンボーグA & ジャイアント」はその名前からも想像できます通り、日本の特撮ヒーロー「ジャンボーグA」とタイのヒーロー「ジャイアント」のコラボ作品。もちろん制作はタイのアレな特撮を一手に引き受けるチャイヨー・プロダクション。つまり「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」「ハヌマーンと5人のライダー」などのいわゆるハヌマーン物のシリーズ作品の1つといえます。






ツッコミどころが多すぎるジャケット



この通り、最高にゴチャゴチャした感じのVCDジャケットがイカしております。この混沌とした感じこそまさにチャイヨー作品であるわけなのですが、そのゴチャゴチャした中でもひときわ異彩を放ってるのが左端にいる青い不動明王みたいな物体



そう、これが「青ハヌマーン」ことジャイアントです。ハヌマーン以上にヒーローらしからぬコワモテな面構えですね。さらにアップで見ますと・・・





顔の上に顔が・・・



顔がいくつあるんだこれ。

頭がトーテムポールというかロシアのマトリョーシカというか・・・とにかく顔の上に顔があるという顔面多段構造になっています。あと、面構えが必要以上に怖すぎる。タイではヒーローはビビらせたもん勝ちってことなんでしょうか。さすがムエタイの国ですね。



しかも今回の日本側のヒーロー「ジャンボーグA」はそもそもウルトラマンや仮面ライダーに比べるとバリバリにマイナー感が漂っているわけです。マイナーなこと山の如し。実際J君もよく知りません。そこでまず「ジャンボーグA」を大雑把にご紹介しておきましょう。





バランス変じゃね?



まず妙に顔がデカいです。体と顔のバランスが何かおかしい。





二灯式カラータイマー



お約束のカラータイマーは二灯式になっておりまして、左右の赤ランプが交互にピコンピコンと点滅します。いわゆる踏切方式ですね







必殺武器ジャンサーベル



そしてジャンボーグAの最大の武器はジャンサーベルなる剣なのですが、この剣がどこから出てくるかというと・・・





黒ひげ危機一髪級です



腹がパカッと開いてそこからニョキッと!どこにそんなの入ってたんだ。お前はデビッド・カッパーフィールドか!というような勢いでニョキッと出てきます。一方、そのジャンボーグAの敵の方はというと、





ちょっとマイコー似



デモンゴーネ。

本作品最大の悪の頭領です。なぜか整形後のマイケルに酷似している気がするのですがJ君の気のせいでしょうか。性別は一応女のようですが途中、突然男キャラに変身したりします。全くネバーランドの住人のやることはよく分かりません






紛らわしいルックスのジャンキラー



ジャンキラーJr。

ジャンボーグAのデータをコピーして作ったジャンボーグAのライバルキャラで、本作品ではデモンゴーネの使いっ走りとして悪の限りを尽くします。



とにかく全体的にウルトラマンの二番煎じというか、焼き直しというか・・・要するに「鉄腕アトム」に対する「ジェッターマルス」的な存在。もっと分かり易く言うと「聖闘士星矢」に対する「サイレントナイト翔」みたいな感じですね。かえって分かりにくくなってますかそうですか。



というわけで、頭が混乱をきたす前に最初にストーリーをご紹介しておきましょう。

地球を征服しようと企む悪の頭領デモンゴーネは月面に攻撃基地を作り、太陽光線を集めて地球を焼き払う地球破壊ビーム発生装置を作った。しかし装置を完成させるためにはタイの寺院の奥深くに眠るお宝(ダイヤモンドみたいなやつ)が必要なため、手下のジャンキラーJrをタイの寺院に送り込みお宝を盗ませ、見事装置を完成させた。



月からの地球破壊光線の直撃をくらい、灼熱地獄に陥った日本ではデモンゴーネを倒すためジャンボーグAが出動。その頃、タイでも大切な寺院のお宝を奪われ怒り心頭のタイの地球防衛軍が仏像をベースに仏像ロボ「ジャイアント」を開発。お宝を取り戻すため出撃したのだった・・・。



タイ語が分からないんでアレですが大体そんな感じのストーリーだと思われます。タイのお寺を無理矢理ストーリーに絡めている感がアリアリなのですが。要するに背景にあるテーマは「仏様を大事にしないやつは死ね。」ということです。相変わらずですね。このシリーズは。





お宝ゲット!



作品前半は、冒頭にタイの寺院からお宝が盗まれるシーンがあり、その後はジャンボーグAが日本で怪獣と戦うシーン、要するに日本の放映シーンをテキトーにつなぎ合わせて、その間BGMはジャンボーグAのテーマ(参考)のタイ語バージョンをエンドレスで何度も何度も流し続けるだけ、というマインドコントロールに近いシーンが30分ほど続きます。観ている方はハッキリ言って気が狂いそうになります。仏の道は高く険しい・・・



しばらくそんな映像による苦行を続けていると、突然あからさまに着ぐるみやセットのクオリティがガクンと下がったシーンに切り替わります。そう、ここからタイのロケシーン。巨大化したジャンキラーが箱庭のようにチャチなバンコクの街で破壊の限りを尽くすシーンです。





急にセットがショボくなります



ジャンキラーに破壊されるバンコクの街を救うべく、颯爽と登場するのが我らがタイのヒーロー「ジャイアント」ですよ。さあ、青い狂気よ、今こそ仏様を大事にしないやつをブチのめすのだ!と思って観ていると・・・





ジャイアント初号機



何か黒くて汚いしょぼくれ気味のじじいロボットが登場です。なんだこれ。やる気あんのか?



・・・そう実は、仏像ロボット「ジャイアント」は本作品では2体登場するのですが、その初号機がこちらの黒じじいジャイアントです。すごく・・・弱そうです





こんなヒーロー嫌すぎ



しかしこうしてみるとどっちがヒーローでどっちが悪党か分かりませんね。念のために言っておきますが、左の黒くて汚い方が正義のヒーロー「ジャイアント」です。





最初は元気だったが・・・



最初は棍棒のような物でガツンガツンとジャンキラーをしばきまくる黒じじいジャイアント。しかし、所詮はロートル。そのうち体力が無くなり疲れが見えたところであえなくジャンキラーに倒されてしまいます。このジジイは一体何のために出てきたんでしょうか・・・。





制服のセンスが酷すぎ



その後、タイの防衛軍では反省会が行われ、ジャイアント2号機の開発がはじまります。というか、えらく悪趣味な制服ですね。なんでこんなに金ピカなんでしょうか。一人スターウォーズのパクリみたいなのも混ざってるし。





後半では青いアイツが大暴れ



そして、ついに後半ではジャイアント2号機・・・戦慄の青ハヌマーンが登場いたします。我々の想像を超えたヒーローぶりにご期待くださいませ。







■■■


出典) 「ジャンボーグA&ジャイアント」

参考) レビュー →    ジャンボーグA解説サイト