“女体盛り”に特化しすぎたギャンブルマンガ『リーマンギャンブラーマウス』が熱すぎる!

“女体盛り”に特化しすぎたギャンブルマンガ『リーマンギャンブラーマウス』が熱すぎる!

 やってきました忘年会シーズン。今年は日本全国のブラック企業で、宴会芸としてアキラ100%的なことをやらされる不幸な若手サラリーマンが続出することがほぼ確定している今日このごろかと思いますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ところで宴会芸といえば……そう「女体盛り」の存在を忘れてはいけませんよね! 全裸の女体に刺し身とかを盛り付けて、宴会などで提供するアレですアレ。その名は聞いたことがあるけれど、実際に見た者はほとんどいない……エロ劇画とか、日本文化を勘違いしてるハリウッド映画でたまに出てくる都市伝説のようなメニュー、それが「女体盛り」

そんな「女体盛り」を大々的にフィーチャーしたギャンブルマンガが存在します。むしろ女体盛りマンガと言い切ってもいいかもしれない、その作品の名は『リーマンギャンブラーマウス』(講談社)。

『リーマンギャンブラーマウス』の主人公は、篁(たかむら)忠則というサラリーマン。商社の経理次長を務めるエリートサラリーマンですが、なんの欲もなく無気力に、リスクを避けて平々凡々と働く日々を過ごしており、ある日、妻から「体が疼くの」という謎の理由で離婚届を突きつけられ、家を出ていかれてしまいました。

いつものように帰宅のために電車に乗っていると突然、篁の股間を触ってくる、人差指と中指のない謎の痴女が登場。「ウチが変えたるわ、アンタの粗チン人生」という、これまた謎のセリフとともに雑居ビルにある裏カジノに招待されます。そこでやっていた「カワーダイス」という20面体サイコロのゲームに目覚めた篁は、以後「マウス」という名で全財産をつぎ込み、ギャンブラーの道を突き進むことになります。

そんなマウスがカワーダイスの対戦中に、対戦相手の食事メニューとして呼び出されたのが「インドまぐろ子 20歳」という女体盛りの女。インドまぐろ子は、親の残した2億円の借金を抱え、女体盛りのバイトで体を張って借金を返している頑張り屋さんなのです。頑張る方向がちょっとアレですが。

カワーダイスでの目覚ましい活躍により、裏カジノの胴元の家に招かれたマウスは、そこでインドまぐろ子と再会。まぐろ子は、そこでは裸でブリッジをする人間テーブルのバイトをやっていました。……いろんな職種があるもんですね。

マウスは、そんなインドまぐろ子の借金をギャンブルで稼いだ金で精算してやります。以降、まぐろ子はマウスへの恩返しのため、マウスがギャンブルで劣勢に立たされると、自らを女体盛りとして捧げることで、マウスを応援するキャラクターとなります。……応援って、女体盛りにそんな効果が!?

ちなみに、まぐろ子はこんな女体盛りメニューで応援してきました!

人間てっちり、人間トンカツ、人間スタミナB定食、人間ブルマン(コーヒーを胸の谷間に注いだもの)、人間牛丼特盛りつゆだく玉入り……。

さらに、特別メニューとして、越中ふんどしお赤飯合格盛り、2001年シチューの旅、学生大徳並バーガーセットなどなど、メニューの意味はさっぱりわかりませんが、とにかく女体盛りでこれだけのバリエーションが出てくる作品は、ほかに存在しないと思われます。女体盛りのバリエーションでギネス申請した方がいいレベルです。

さらに、まぐろ子の存在を脅かす若手女体モラー、「インドカレー子」による超豪華メニュー「人間フレンチ仔牛の腎臓ローストシャンピニオン添え内臓ソースとフォアグラのテリーヌ」や、まぐろ子の母による「母体盛り たまたまたまらん玉子焼き」なども登場します。もはやギャンブルマンガというより、女体盛りマンガと呼んだほうがいいという意味がおわかりになりましたでしょうか。

これだけ女体盛りが出てくるマンガですから、まぐろ子による数々の「女体盛り名言」もあります。

「女体盛りができなきゃ愛する人も助けられないなんて!」

「人が女体盛りを選ぶんじゃないのよ、女体盛りが食べる人を選ぶのよ」

まあ……セリフに「女体盛り」が入ってる時点で名言の台無し感がすごいですが。

そういえば、まぐろ子以外に、もう一人とんでもない女キャラの存在を忘れていました。それは、作品の冒頭で、「体が疼くの」という謎の理由で家を出ていったマウスの元女房、亜希子です。ギャンブルを知り、ワイルドで魅力的になったマウスの姿をみて、ヨリを戻そうとして毎回「お情けを頂戴に上がりました」というセリフとともに、めちゃくちゃ押しの強いエロコスチュームで登場。マウスのアパートに忍び込んだり、マウスの入っている男子トイレ個室に入ってきたり、神出鬼没のストーカー行為を働きます。金で追い払おうとするマウスに対し……。

「肉棒以外の情けはいらないッ!!」

などと、とんでもないエロ名ゼリフを残します。

というわけで、局地的に超有名な女体盛りギャンブルマンガ『リーマンギャンブラーマウス』をご紹介しました。単行本では、ネームの段階で没になった数々の女体盛りメニューも紹介されており、ギャンブルマンガ好きには微妙ですが、女体盛りマニアなら間違いなく必見の作品と言えます。何しろ、インドまぐろ子の登場するシーンを集めた「インドまぐろ子DX」「インドまぐろ子EX」という別冊が出ているぐらいですから、女体盛りマニアって意外とたくさんいるんでしょうね……。

■■■
引用)
『リーマンギャンブラーマウス』
高橋のぼる/講談社

タイトルとURLをコピーしました