夜の料理人

グルメマンガの異端児「夜の料理人」

「夜」という言葉にはどことなくダークでエロティックな響きを感じさせますね。スクリーンの世界では「夜の帝王」梅宮辰夫、そして「夜のお菓子」なら浜名湖銘菓うなぎパイが有名です。ちなみに「朝のお菓子」すっぽんの郷もありますが今回は関係ないです

そして、今回ご紹介するマンガはまさしくダークでエロティックな香りをあわせ持つ一風変わった大人のグルメマンガ「夜の料理人」です。夜の料理人といっても別に夜食を作る人ではありません。新宿歌舞伎町でちょっと腕の立つ小料理屋を営む主人公の半次郎。しかし、その夜の顔は、法では裁けない小悪党共を包丁一本で闇へ葬る仕置き人なのです。


「お命頂戴」・・・隠す気ゼロなところが潔い

この人が「食えないネタでも料理する」夜の料理人鬼神半次郎。背中には「お命頂戴」の文字。夜の料理人に狙われたら絶対に逃げられないことは誰の目にも明らかですね。っていうか、仕置き屋家業がこんなにバレバレでいいんでしょうか?

ストーリーは1話完結型で、大抵このようなチャートで進行します。

小料理屋「半次郎」で、常連客(大抵ホステス)が小悪党(大抵セクハラオヤジ)に困っていると愚痴る

半次郎がそれを聞いて激怒 「俺に任せな!」

成敗

このように、必殺仕事人や必殺仕置人シリーズと比べても遜色ない単純明快な仕置きプロセスを経て小悪党共は半次郎の包丁さばきで闇に葬られていくのです。

代表的なエピソードを2つばかりご紹介いたしましょう。

その1「タコ坊主編」

分かりやすいエロさ

キャバクラで豪遊する悪徳住職、通称タコ坊主。金にモノを言わせホステスに手を出しまくりです。まだ入り立ての新人ホステス順子に目をつけ、早速金でどうにかしようとします。クラブのママは必死でタコ坊主から順子を守ろうとしますが、坊主はやる気満々。毎日のように金をちらつかせては強引に順子に迫ります。

坊主丸儲けの図

「わははータコの手足は八本あるんだいくらでも手が出せるぞ」

この坊主、最悪です。神も仏もあったもんじゃない

クラブのママは半次郎の店でさりげなく相談。すると、半次郎は店で順子をかくまうことを提案します。

依頼中

ところが、順子がいなくなったことにタコ坊主が逆ギレ。なんと、クラブのママを寺に拉致。

男なら一度は言ってみたいね

「アンタの体に聞くまでだ!」

アンタの体に聞くまでだ・・・男なら一度は言ってみたいセリフですよね。言った瞬間から留置所に入れられる可能性が高いのでなかなか言えませんが。

SM住職の図

「金に糸目をつけず収集した拷問道具だ。ママにはどれがお似合いかな・・・」

半次郎!早く、早くこのタコ坊主にお仕置きを!

斬新なエロ描写

あ、言い忘れてましたけど、いつもさわやかで小さい子から老人まで家族全員で楽しめる素敵テキストでおなじみの当サイトですが、今回のテキストはエロ描写やエグい描写が多いので、お子様は見てはいけません。ってもう遅いですね

話を戻しますと、ママの拷問の最中についに半次郎が救出に現れます。順子がラブホテルで待ってると言ってタコ坊主を誘い出します。

なぜかツボに入りました

気が付いたら坊主はタコツボの中に閉じこめられてました。

すごい仕掛けです

半次郎の仕置きが炸裂!

容赦ないです

タコ料理一丁上がりっ!

(なんだそれ)

その2「つぼ抜き編」

依頼中

今日も小料理屋半次郎はホステスに料理を振る舞います。

「へい!イワナの塩焼きお待ちどぉ」

一見普通の料理人です

そして、魚のつぼ抜きという料理技法を紹介。

口から二本箸を入れて


ねじってエラと内臓を・・・


魚の形を崩さずにワタをとるのに使う技法なのです。

さすが料理マンガ。勉強になりますな!

ところで、ホステスの美枝ちゃんは悪いホストに騙されて困っています。金を貢がされ、ソープで働かされたりと本当に酷い男です。そこで半次郎はこの悪徳ホストに美枝ちゃんと別れろ!と警告します。

いきなりは殺しません

・・・警告と言うよりは脅しですが。

しかし悲劇が起きました、その後も美枝ちゃんにつきまとう悪徳ホストは酔った勢いで美枝ちゃんを階段から突き落とし、殺してしまうのです。・・・・これはお仕置きが必要です!


包丁でいろいろ作ります

お仕置き準備中・・・

仕置きモード突入!

その二本の棒で半次郎は一体何を・・・?

まさか・・・?


子供はマネしてはいけません

初公開!これが業界初、人間つぼ抜きだ!(ひでえ)

等々、料理人として培った技法を仕置き人家業でも見事に応用しています。その他にも惚れ惚れするような夜の料理人の技法の数々をご覧下さい。

鯛の三枚おろしっ!

鯛じゃないけど・・

三枚におろされました

・・この技なら曙にだって勝てそうな気がしますね

美女巻きずし!

仕置き?

・・・意味がわかりません

そんなわけで、グルメマンガの異端児「夜の料理人」をご紹介して参りました。いかがだったでしょうか?J君がこの作品をご紹介して皆さんに訴えたかったのは、この半次郎のように特技をうまく生かせばサイドビジネスの成功も夢ではないと言うことなのです。

「夜のSE」とかどうですかね?(儲からなそう)

■■■

出典) 「夜の料理人」 (C)たがわ靖之/芳文社

タイトルとURLをコピーしました