「歌って!ナナちゃん」奇跡のアイドル総出演

奇跡のアイドル総出演「歌って!ナナちゃん」









実録!昭和のアイドル仁義なき闘い!
こんにちはJ君です。前回のテキストがあまりにお下品だったためにただでさえ微妙な当サイトの品格が完全に地に落ちた感があるのですが、今回は一転、さわやかに少女マンガをご紹介します。ファミリーで安心して読めるサイト作り。それが当サイト設立当初からの一貫したポリシーです(嘘)。



で、今回ご紹介するマンガは「歌って!ナナちゃん」。かつて小学一年生などの学年誌に掲載されていた奥村真理子先生による人気シリーズです。もしかしたらご存知の方も多いかもしれませんね。しかし、当サイトがただの少女マンガをご紹介するはずはありません。そう、この「歌って!ナナちゃん」にはマンガの常識を覆すある伝説が存在していました。


「歌って!ナナちゃん」は、子供の頃から歌唱力抜群だった水島ナナがライバル達の嫌がらせにもめげず、芸能界でトップアイドルへとのし上がっていくという作品。少女マンガのストーリーとしてはある意味オーソドックスなものです。ナナはナナでもあっちのナナとは完全に別物です。



しかし、内容的には王道といっていいこの少女マンガには現代のマンガ界において、そして芸能界においてさえももはや実現不可能であろう奇跡が起こっています。今回はその奇跡にスポットライトを当ててご紹介してまいります。



リアルすぎ



聖子ちゃん!





少女Aです



明菜ちゃん!





誰が誰だか分かりません



シブガキ隊!





だから誰が誰だよ



少年隊!





毛量の多い頃のトシちゃん



トシちゃん!



そう、この「歌って!ナナちゃん」は実名で大物タレントが続々登場しまくりなのです。しかもジャニーズだろうと聖子ちゃんだろうと欽ちゃんだろうと海外スターだろうと全くお構いなし。どこまで事務所に許可をとっているんだか分かりませんがとにかく実名。徹底的に実名。プロレススーパースター列伝リトル巨人くんもビックリの実名度。まさに奇跡のオールスターキャストといっていいのではないでしょうか。









ところで、このシブがき隊は誰が誰なのか全然分からないんですけど・・・。





やっぱり分かりません



ああ、これがヤッくんですか・・・



主人公のナナちゃんをはじめとして、オリジナルキャラたちは非常に少女マンガらしいキラキラした感じの絵柄なのですが、実名キャラはなぜかリアル路線。しかも似ているかというとかなり微妙。とにかく少女マンガのキャラとしては異様なほどに浮いているのです。ファンにとってはトラウマにもなりかねません





マッチでーす



マッチもかなりヤバイです



ま、それはともかくここらでストーリー紹介にもどります。ヒロインの水島ナナは子供の頃から歌唱力抜群。その実力は動物園で歌っているだけで動物が回りに寄ってきてしまうほどです。



ある意味すごい歌唱力





しかし、憧れの芸能界に入った後のナナちゃんは、微妙にKY(空気の読めない)発言が目立つのと、やたらと幸運に恵まれているために同期のライバルタレントを敵に回し、楽譜や衣装を隠されることは日常茶飯事。さらに男子と食事をしただけで週刊誌にタレ込まれたり、ペットのハムスターを誘拐されたり交通事故にあわされた上にミュージカルの主演の座を奪われたり等々・・・徹底的に嫌がらせをされます。



怖ろしい芸能界







しかし、そんな過酷な嫌がらせをされピンチに陥るたびに、大物先輩タレントが(都合よく)登場。ナナちゃんを救ってくれるのです。それに対して「なんでナナちゃんばっかり」とジェラシーを感じたライバルがさらに嫌がらせをし、そこにまた大物タレントが(ry。という嫌がらせスパイラルが本作品の基本的なストーリー構成となっています。芸能界って怖いですね。





それにしてもナナちゃんの棚からボタ餅度は異常です。

動物園で松田聖子の歌を歌っていたのをたまたま松田聖子本人が聞いていて気に入られたり、たまたまレコード屋の前で大声で歌っていたら河合奈保子のマネージャーが聞いていてステージに招待されたり、たまたま先輩のアイドルが本番直前に倒れてしまい、近くにいたナナちゃんが代役で出たら大ブレイクしたり、たまたまステージを見ていたメーカーの社長が気に入ってCM出演を要請してきたりと、ラッキーが重なって見る見るうちに芸能界のトップにのし上がっていくため、まっとうに努力しているライバルタレントにとってはイラッとすることこの上ない仕様になっております。嫌がらせしたくなるのも頷ける。しかし、このぐらい我が強くて自己中な面がないと芸能界で生き残れないのも事実。ある意味リアルなストーリーであるともいえます。



都合よく貧血

    ↓

都合よく代役



さて、この作品ではとにかくたくさんの実名タレントが登場しますので引き続きご紹介してまいりましょう。





これは似てる



河合奈保子





これも似てる



早見優





24時間マラソン乙



欽ちゃんバンドの練習中の欽ちゃん





ザ・グッバイ



バックでギターを弾いている野村ヨッちゃん





モクだけ判別可



仲がいい頃のチェッカーズ





毛量が多い頃の(以下略



さらに有名レポーターのこの方まで。





肌が黒い頃の(以下略)



アメリカからもトップアイドルマイコーが超豪華友情出演





肖像画っぽいジャッキー



そしておそらく少女マンガとしては史上初であろうジャッキー・チェンまで実名で登場します。少女マンガにジャッキー・チェンを出すことにどんな意味があるのかは分かりかねますが、日本の芸能界のみならず海外まで視野に入っていることは何とも驚きですね。



そんなわけで、奇跡のアイドルスターコミックス「歌って!ナナちゃん」をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。昭和の芸能界の縮図がまさにここに描かれており、それだけでも十分にご一読される価値はあるといえましょう。それにしても本当にどこまで許可を取ってるんでしょうか。これこそマンガ界のナナ不思議です。





■■■


出典) 「歌って!ナナちゃん」 小学館/奥村真理子

参考) Amazon →