街のガチャガチャが親たちのHPを削っていくという話

カプセル型のトイ、いわゆるガチャガチャとかガチャポンについて私の愚痴を聞いてほしい。

いわゆるソーシャルゲームのガチャではなくて、街のいたるところに設置されているガチャガチャの話だ。自分が子供のころは昔はコスモスとかいうメーカーからいかがわしいのがいっぱい出ていたのが思い出されるが、50円、高くてもせいぜい100円だったので子供のお小遣いの範囲で、たとえ外れてもあまりダメージがなく楽しめていた記憶がある。

幼児と小学生という二児の子供の親となった今、ガチャガチャを見かけるたびにやらせてくれと子供にねだられる立場になった。

しかし今のガチャガチャは200円もしくは300円が相場で、親の立場からしてもまあまあダメージのでかい金額となっている。一回だけならまだしもガチャガチャは外れることが多いので、2回、3回とやることが常だ。そのコストがボディーブローのように効いてくるのだ。そういえば、三原じゅん子が金八先生で「顔はやばいよ、ボディやんな」というセリフで一躍有名になったが、今や国会議員ですね。これもボディを狙ったのが効いてるんだろうか。

それはともかく、最近のガチャガチャの狡猾なところは、ファミレスの入口のところとか、ショッピングモールの通路とか、本当に予想もしないところに何気なく置いているところであり、本当に油断ができない。

親がファミレスのレジでお金を払い、財布をしまおうとするまさにその時!絶妙なタイミングでキッズたちの「ああーー!」という叫びが聞こえる。そう、ガチャだ、ガチャを見つけやがったんだ!!その瞬間、不意を突かれた親たちは、困惑の表情を見せる。

「また今度ね」
「やだー、今がいい!」
「どうせやっても変なのが出てくるよ」
「変なのでもいいからやりたいのー!(泣き叫ぶ子供たち)」

こういったネゴシエーションをファミレスならず、街のあちこちで行わねばならず、ほとほと疲労困憊する次第である。もちろんネゴに失敗してしまえば数百円・・・パパの平日のランチ代相当があっという間に鼻クソみたいなプライズに変わってしまう。そう、街にあるガチャガチャは親からHPをじわじわと奪っていく代物なのだ。

最近ショックだったのはトー●スのガチャガチャ。息子は三度の飯よりも●ーマスに目がなく、たとえ1キロ先のトーマ●ガチャであっても発見するほどの驚異のト●マス探査能力を持っているのだが、先日ついに根負けして、トーマ●ガチャをやることになった。

仮にも機関車トーマ●というからには、ガチャガチャしたら、機関車的なものが出てくると思うじゃないですか?実際、ガチャガチャのパッケージもそれを期待させるものになっていたし。もちろん一番人気の●ーマスとは言わない、ハズれてもパー●ーとかゴー●ンとか、ジェーム●とかがでてくるとか思うじゃないですか?

それが出てきたのが、なんとビックリ、トンネルですよ。トンネル。そう、ハズレると機関車ではなくて線路とかトンネルとかそういう組み立てパーツが出てくるんですよ。機関車本体を持ってないのにガチャでトンネルが出てきて喜ぶやつが世界のどこにいるっていうんでしょうか、いやいない。

カプセルを開けるまで超ワクワクしていた息子の顔がみるみる泣き出しそうになるのを見かねて、もう一回200円を投入するわけですよ。そうすると、今度こそ出てきました!鉄橋が!!鉄橋かよ!!!!そういうのいらねーから!機関車出せよ!!!頼むよタ●ラト●ー!!!

・・・みなさんお分りでしょうか?ガチャガチャのハズレは、親のお金と気力を削るだけでなく子供の夢をも奪ってしまうのです。もうちょっとどうにかしてほしい。せめて2回やったら当たりを出してほしい・・・小池新都知事にはそういうところを期待したいですね。