巨人獣/ダイソーコミックス

生まれてきてごめんなさいマンガ



100円ショップでマンガが買える。ダイソーに行ったことがある人だったらみんな知っている事実である。J君が過去にレビューした伝説のファッションマンガ「こっとん鉄丸」などはダイソーに行けば一冊100円で手に入れる事ができる。そのラインナップはどれもナイフのように尖っては触れるものみな傷つけるようなひとクセもふたクセもある作品ばかりである。このセレクション・・・並のセンスではない。



今日もJ君はダイソーで和製マイケルの如く大人買いを楽しんでいると・・・・

大人買いするJ君の図





ふと、件の100円マンガコーナーで目に止まった商品があった。こ、これは・・・・



「ザ・パラノイド 巨人獣」



なんだこれ?

もちろんそのタイトルも目をひかれるが表紙にキャッチとして刻まれたセリフがそれはそれはすさまじい。





「みんな~ゴメンよぉ~!!」





「なんでオレなんか生まれてきたんだ~」



何故だかとても他人事とは思えなくなったJ君は商品カゴに「巨人獣1巻・2巻」を放り込み、レジを後にした。



というわけで本日ご紹介するのは「ザ・パラノイド 巨人獣」です。この「巨人獣」は、J君が生まれる前の1970年に少年キングに連載されていた作品。当時は作者の石川球太先生が構想に3年をかけたといわれる超話題作だったといわれてます。



ストーリーをご紹介しましょう。ストーリー自体はごくごくシンプルかつストレート。ある日、青年が悪夢にうなされて起きてみると体が巨大化していた。しかも時間が経つにつれ巨大化し続けている。ついには体長50メートル体重は1600トンに。巨人獣は、そして東京の街はどうなってしまうのか?



えぇー!



というわけで、青年が何故巨大化したかなどの原因については一切触れずに始まります。理由もなく巨大化。あまりにも唐突。ある日突然殺人トマトが攻めてくるぐらい唐突なストーリーです。



背がグングン伸びる・・・・身長を伸ばしたくて困ってる人にとっては何ともうらやましい話かもしれませんが、単に身長が伸びているわけではなく巨大化しているわけですからコトはそう単純ではありません。





トラックで食います

食費がメチャメチャかかります。



ビルも軽く破壊

転べば街中が破壊されます。



たまりません

ウ○コでもしようもんなら大公害発生です。





貴方はそれでも身長を伸ばしたいですか?(次元が違います)





とりあえず、街にいては危険なので、新宿御苑まで移動する巨人獣。陸橋や歩道橋を破壊せずに懸命に移動する様は実にエライことになっています。しかも移動する巨人獣には不安要素がありました。実は巨人獣、ド近眼なのです。





しかもド近眼



マジやってらんない。





たまに巨人獣が移動に失敗してビルを破壊したりすると自衛隊の威嚇射撃が始まります。巨人獣は当然逆ギレ。



戦闘機を叩き落とします





エライこっちゃ!



しかもその後、大阪では女巨人獣が発生!!



女巨人獣まで!



いよいよ収拾がつかなくなって参りました。

そして女巨人獣にも不安要素があったのです。

実は妊婦

えぇー!



マジ超やってらんない。





というわけで、泣き叫ぶ女巨人獣と大阪を救うために巨人獣は大阪に向かうのです。そう、巨人獣の先輩として。巨人獣の先輩て!



そして、ついに巨人獣(近眼)と女巨人獣(妊婦)が合流するのです。いろんな意味で最強コンビ。近寄りがたい。



ついに合流!



合流した巨人獣コンビはいろいろ思案をした結果、二人で無人島に行くことを決意。そこで誰にも迷惑をかけずに生きていこうと誓うのです。政府は巨人獣を無人島に運ぶための超巨大な原子力タンカーを用意。



そして、ついにタンカーが出航。これで全ては万事解決であるかに見えたのですが・・・・しかしこれは政府の恐るべき巨人獣暗殺計画の幕開けだったのでした。



万事解決に見えたが・・



海上でタンカーごと大爆発する巨人獣。



巨人獣死すべし!





一体どうなってしまうのか?



100円コミックスではここから先のクライマックスの一番美味しいところでストーリーがぶった切られております。ここから先のラストシーンは太田出版のQJマンガ選書から出ている完全版を読むしかありません。うう・・・・上手いことできてやがります



巨人獣の恐るべき反撃が・・



というわけで最高に悲しく、後味の悪いラストシーンが控えている「巨人獣」。100円コミックスを手にとってストーリーが気になったら完全版で最後まで読んでみることをオススメします。ちょっとお高いけど買うだけの価値はある名作ですよ。あと、身長は伸び過ぎると生活に支障があることがよく分かりました。中肉中背サイコー!





デカイのも辛いんです




■■■


参考) レビュー → 

出典) 「ザ・パラノイド 巨人獣 」 

 太田出版QJマンガ選書/石川球人  

 ダイソーコミックスシリーズ/大創出版


◆WEBで「巨人獣」を立読み ⇒ ebookjapan / 楽天DL
/ 電子書店パピレス / 電子貸本Renta!