中国超人 インフラマン 後編

三国一のヒーロー 中国超人インフラマン 後編








こんにちは。みんな大好き!中国超人インフラマンレビューのお時間です。

皆様は前編でのインフラマンの必殺技の数々を見て、なんだかんだ言っても結局巨大化して敵を踏み潰すのが最強なのか!と悟りの境地に達した方も多いことと思われます。ですが後半ではさらにインフラマンのご都合主義的必殺技のオンパレードをご覧いただくことになりますので、今のうちからツッコミの準備の方をよろしくお願い申し上げます。




さて、前編では突如、地球征服を企み、地上界に現れた氷河魔王女率いる氷河魔族たちを、人類の希望の星たる中国超人インフラマンが見事蹴散らすところまでご覧いただきました。



当然、怒りに燃える氷河魔王女の反撃が開始されます。悪党の典型的行動パターンとして代表的なものといえば、なんといっても誘拐・拉致・監禁ですが、氷河魔王女だって悪役の端くれ。当然その基本原則にのっとり、リュー所長の大切な愛娘を誘拐します

 卑怯の王道!



そして、リュー所長に娘の命が惜しければ、一人で氷河魔族の秘密基地に来いと脅迫。リュー所長と娘は捕われの身になってしまうのです。うん、卑怯ですね。きちんと正統派の卑怯行為を行ってます。

 嫌な3ショット



そして、氷河魔王女によって氷漬けにされてしまうリュー所長と娘。このまま1日閉じこめられていると二人とも氷河魔族になってしまうのだそうです。どういう仕組みは全然分かりませんが、とにかく救出まで時間がありません。

 氷漬けです



リュー所長のピンチに氷河魔族の秘密基地への殴り込みを決意するレイ・マら科学研究所のメンバー達。その氷河魔族の秘密基地の外観はこんな感じです。



 THE秘密基地



かなり分かりやすい秘密基地です。そこら中にタイムボカンシリーズ風のオブジェとドクロ戦闘員が突っ立ってますので、どう見てもなんか怪しいものがあることは一目瞭然ですね。



そして、科学研究所員メンバーとドクロ戦闘員達の壮絶な合戦・・・いやバトルが始まります。その中でやけにカンフーのキレのイイ男がいるのですが、よく見るとブルース・リーのそっくりさんとしておなじみのブルース・リ先生がご活躍あそばされておりました。さりげなくこんなところでお仕事を・・・(涙)。

 ブルース・リ先生



さて、主人公のインフラマンことレイ・マも怪人相手にもちろん大活躍です。しばらくインフラマンに変身せず、生身で戦うところもヒーロー物のお約束。

 



ある程度頑張ったところで、ついにインフラマンに変身するレイ・マ。その華麗なる変身シーンを御覧頂きましょう。

 

 

 

 

・・・相変わらずどっかに飛んでいくのですが気のせいです。インフラマンが登場しました。





しかし悲しいことにこの作品、せっかくインフラマンが登場しても、敵も味方もみんな「レイ・マ」と呼びます。誰もインフラマンと呼んでくれないのです。作品を通してまともにインフラマンと呼んでくれたのは前編に出てきた子供達だけです。いい大人がインフラマンとか呼ぶのは恥ずかしいってことなんでしょうか。

 

 

なぜかみんな本名で呼びます。




さて、インフラマンの必殺技「超人ビーム」は太陽エネルギーによって出るため、天気の悪い日は出すことができません。敵の人口雲によって超人ビームを封じられたインフラマンは新しい必殺技を繰り出します。名付けて「超人キック」

 

 そっちに行くか!

 

どかーん!

なんと、足底から炎を吹き出しながら進行方向へ飛んでいくという鉄腕アトムとは全く逆の方式の超必殺キック。炎が吹き出した足がこっちに向かってくるのですから、怪人でなくてもこれはもう相当に怖いです



そんな驚きの超必殺技で怪人をやっつけ、秘密基地内に潜入するインフラマン。ついにインフラマンと氷河魔族達の最終決戦が始まりました。



 とんがりバスト

最初に控えていたのは氷河魔王女の右腕的存在のエレキアイ嬢必要以上に尖った胸がセクシーです。さすがボスの右腕だけあってインフラマンの腹に刃物を突き立てたり、光線を発したりしてインフラマンを追いつめますが、インフラマンは新必殺技「レーザーブレイド」を繰り出し勝利。都合良く新必殺技がバンバン出てきます

 完全に入ってます

 唐突に新技が出ます





次にあらわれたのは首や手がスプリングで自由自在に伸びるけん玉ロボットのような2人組。この2人組も頑丈な鎧でインフラマンを苦しめますが、伸び縮みする腕と首をインフラマンに限界まで引っ張られて破壊されてしまいます。構造的欠陥があるとしか思えません。

 

 

弱点ハッキリしすぎ





ついにラスボス氷河魔王女が登場です。氷河魔王女の真の姿はこのような凶悪な着ぐるみドラゴンだったのです。

 

さすがにボスの強さはハンパじゃありません。氷河魔王女の強烈な吹雪攻撃でカチンコチンになるインフラマン。

 

パイ投げじゃありません




別にパイ投げをしているわけではありません。完全に凍ってしまったインフラマン、絶体絶命のピンチにとってつけたようにカラータイマーのようなものが光り始めました。そんなのどこにあったんだ・・・?

 

そして、朦朧とする意識の中リュー所長の教えを思い出します。

「冷気を浴びたときは5つの噴火弾を使え」



 

リュー所長のタイムリーな教えによりかなりイイ感じに体が解凍し始めました。そして再びインフラマンが反撃開始です。必殺技「レーザーブレイド!」



 

レーザーブレイドがスパッと着ぐるみドラゴンの首を切断。しかし何度やっても再び首が生えてきます

 

何度も何度も・・・

 

何度も何度も・・・

 

何度も何度も・・・

 

いくらでも再生可能

インフラマンには学習能力がないんでしょうか?

いいかげん気付いたらしいインフラマンは作戦変更。さらに新必殺技「稲妻パンチ」でドラゴンのボディを狙います。



 

要するにロケットパンチ



やはりヒーローものにロケットパンチ系の必殺技は必須ですよね。そして、さらにさらに新必殺技の「雷電ビーム」

 

超人ビームと違いが分かりません



新必殺技・・・一体いくつあるんでしょうか。見た目はあんまり変わらないし。そんなわけで数々の新必殺技でついに氷河魔王女を倒したインフラマン。再び中国に平和が訪れたのでした。めでたしめでたし。



というわけで、中国の英知を結集して制作された究極の特撮ヒーロー「中国超人インフラマン」いかがだったでしょうか?ものすごいバリエーションの必殺技とカンフーアクションが楽しめる作品です。巨大化して敵を踏んづければ一瞬で片づくのに・・・そんな夢のないことをいう人はヒーローになる資格など無いのです。






■■■


参考) レビュー →      Amazon → 

出典) 「中国超人インフラマン」 キングレコード