仁義なきニンジャ 香港代理戦争 前編

忍者とヤクザの究極コラボ?「仁義なきニンジャ」 前編








忍びに明日はない・・・

こんにちは、J君です。今まで当サイトをご覧頂いていた方であればご存知かと思いますが、当サイトでは過去に数多くのダメ映画をご紹介し、非常に多くの方々の失笑をかってまいりました。しかし、今回ご紹介する映画「仁義なきニンジャ 香港代理戦争」は、もしかしたら今までご紹介してきたダメ映画の歴史を塗り替えるキング・オブ・ダメ映画かもしれません。



ストーリーは単純明快で、殺し屋家業を営む夫婦「キラーカップル」が子供が生まれたのを期に、組織を抜けようとするが、組織に裏切り行為とみなされ、夫と子供を殺されてしまいます。そして、残された妻が組織に対して復讐するというストーリー・・・の最初と真ん中と最後に忍者のシーンを挿入しただけといういろんな意味で仁義なき映画です。


あれ?こんな無理矢理な映画、過去にも紹介してた気がするぞ?そう思った方はなかなかのマニアです。そうです、決してデジャヴではありません。この映画を作ったのはフィルマークという香港有数のダメ映画量産メーカー。本作品以外の代表作としては「ロボ道士」「クローン人間ブルース・リー」があげられます。そう、ダメ映画信頼の証・・・それがフィルマーク映画なのです。



  このマークを見たら要注意!

そんなわけで早速紹介いたしましょう。舞台は香港、マフィアの怪しげな裏取引シーンから始まります。



  

  汚い札だなあ

サングラスの外人ボスの方はトランクに金をぎっしり・・・っていうかずいぶん汚い並べ方してるなあ。ビジネスにしては誠意が感じられませんね。



 

 これがスターウォーズ?

そして、その金と引き替えにヒゲの外人ボスの方が渡したのはなんかボロっちい地図です。これが今回の抗争の発端となる「スター・ウォーズ戦略地図」です。スター・ウォーズ・・・なんなんでしょうか映画の配給かなんかの戦略でしょうか?意味が分かりません。





しかしこのヒゲの外人ボス側のマフィアは、実はこの地図を渡したくなかったらしく、一度渡した地図を再び取り戻すことを計画します。さっそく部下達が、先ほどのサングラスのマフィアの所へ向かおうとしますが、ヒゲのボスが呼び止めます。

 なら渡すなよ・・・



呼び止められて振り返る部下達・・・。



 完全に別の映画です

ってなにこれ!全然別の映画じゃないの!?なんか背景が夜になってるし、振り返ってる人も全然別人なんですけど!早くも強引なニコイチシーンが炸裂。さすがフィルマーク、伝統の手抜き芸には天晴れというしかないです。



 お前がバカだ

「バカめ、手は打ってある」

・・・で、何事もなかったようにシーンは展開するのですが、要するにボスはすでにサングラスのマフィアのところに刺客を送っていたのです。そしてその刺客とは・・・もちろんニンジャです。



車で帰途につくサングラスのマフィア一行、



 

そこに突如横から車が飛び出してきます。そのせいで・・・



 飛び出すぎ!

ギャアー!

思いっきり事故ってしまうマフィアの車。フロントガラスを突き破って人が飛び出す

ほどのすごい事故です。



 ワゴン車から忍者登場!

そこに待ちかまえていた黒ニンジャ達が続々と集まってきます。



 

マフィア達が死んでいるのを確認し、地図を奪い返すニンジャ達。



 なぜか車を乗り換えます

そして、なぜか車を奪って帰ろうとするニンジャ達。しかし・・・



 置いて行かれる忍者

「おい、待ってくれー」

一人、ニンジャが乗り遅れてしまいました。すごいバカニンジャです。



 しがみつく忍者



 

しかし、先ほど車のフロントガラスから飛び出たマフィアが生き残っていました。



 おっせー車!

引き返して追いかけるニンジャ達の車。必死で逃げるマフィア。なぜか車がすごく遅いので全然追いつきません



 忍者なのに車に頼るな!

「おせえぞ!ちゃんと追いかけろ」とばかりに後部座席から文句を言うニンジャ達。お前等もニンジャなんだから車から降りて追いかければいいのに・・・。



 あくまで車を使う忍者

車からマフィアを斬りつけようとするニンジャ。随分横着なニンジャです・・・。



 

忍者に追いつめられいよいよピンチになったマフィアの残党。しかし、コイツが驚くべき行動に出ました



 月光仮面?

なぜかいきなり白ニンジャに変身!お前もニンジャなのかよ!唐突すぎて意味がさっぱり分かりません。しかもニンジャというより・・・月光仮面に近くない?



 頑張る白忍者

突如として始まる黒ニンジャ軍団と白ニンジャの格闘シーン。黒ニンジャ達の動きが

あまりに鈍いので観ている方はハラハラドキドキです(違った意味で)。



 手裏剣の投げ方がおかしい

なんか手裏剣の投げ方もすごくヘンです。そんな持ち方じゃ投げられないだろ。(参考)白ニンジャは孤軍奮闘するものの、やはり数が違います。そこで逃亡を図る白ニンジ

ャ。なんと、白装束を脱いで谷底に投げ捨てます。いわゆる忍法変わり身の術です。



 白い布が谷底へ・・・

「イエアー!」

谷底に落ちていく白装束を見て、やっつけたと思いこみご満悦の黒ニンジャ達。お前等ちゃんととどめを刺しに行けよ・・・。ニンジャのくせに詰めが甘すぎます



 岩の下にいます

ほら、岩の下に白ニンジャの中の人が・・・。



 毛むくじゃら

・・・しかし胸毛がすげえな。



白ニンジャを取り逃がしたとも知らず、ヒゲのマフィアの本部に戻って地図を取り返したと報告するニンジャ達。



 強引な場面転換

「次はキラーカップルの出番だな」

ご満悦のヒゲのボス。ここから話は一転。キラーカップルという殺し屋夫婦の話に切り替わり、しばらくニンジャは全然関係なくなります



キラーカップルは組織に依頼された仕事を終え、子供のために組織から抜けることを決意。カップルの旦那の方が、ヒゲのボスに組織を抜ける意向を伝えます。



 

「君が抜けると痛い。やはり子供のためか?」



 別の場所じゃん!

「散々、手を汚してきたので・・・」

って、またしても明らかに別撮り。いや、別撮りでもいいけどせめて同じような場所で撮影すればいいのに・・・まあニコイチ映画だからしょうがないんですけどホント手抜き。



 結局殺す気です

しかし、組織を抜けることを了解したはずのヒゲのボスは、やはり組織の秘密を知りすぎているキラーカップルを始末することを決意。地図の件といい、よく気の変るオッさんです。



 劇団ひとり

そして、誘拐された子供を取り返すために、組織に乗り込んだキラーカップルの旦那の方は、罠にはめられ殺されてしまうのです。死に様がちょっと劇団ひとり風ですがおそらく偶然でしょう。





 ショボいKGB

さて、またまた場面はガラッと変りまして、今度はヒゲのボスの所になんとソ連の秘密諜報機関KGB「スターウォーズ戦略地図をよこせ」と電話してきます。KGBも秘密諜報機関のわりにずいぶんとアプローチがダイレクトですね。



 普通、自分から言うか?

っていうか、こいつらホントにKGBなんでしょうか。ただのアル中のような気もするんですけど。



 ヒゲボス激怒!

「ほえヅラかくな!」

当然ヒゲのボスはKGBの申し出を拒否。ヒゲのマフィアとKGBが全面抗争に突入します。



 なにこの特訓?

ヒゲマフィアとの抗争に備え、特訓に余念のないKGB・・・っていうか朝のラジオ体操みたいなんですけど・・・KGBの訓練てそんなんでいいの?



 バラエティに富んだメンバー

しかも全然メンバーがロシア人っぽくないです。なんかジミ・ヘンドリックスみたいな人もいるんですけど気のせいでしょうか?そしてKGBのメンバー全員で公園をランニング。KGBってこんなにほのぼのした組織だったんだ・・・。



 目立ちすぎ!

そこへ、マフィアの刺客黄色ニンジャが登場!森の中でも超目立つ!このニンジャは「忍び」の意味が分かってるんでしょうか!?



 黄色忍者強すぎ!

謎の黄色ニンジャは鮮やかな手口で次々とKGB達を始末していきます。黄色ニンジャがスゴいのか、ていうかKGBが弱すぎるのか?



というわけで、後編は、「忍者のくせに目立ちすぎな謎の黄色ニンジャの恐るべき忍術がKGBのメンバーを襲う!しかも黄色ニンジャの意外な正体が明らかに!」の巻です。グダグダな展開必至のダメムービー「仁義なきニンジャ」後編に請うご期待!



 次回大暴れです



■■■


参考)  Amazon →    フィルマーク映画 →  

出典)  「仁義なきニンジャ 香港代理戦争」 

      ギャガコミュニケーションズ/アポロン音楽工業/FILMARK INTERNATIONAL