ユニバG物語(後編)

究極ナルシズムでアジア救済 後編




ユニバG イエァ!!(詳細後述)

幻の天然バナバを追い求め、四年間の歳月をかけ、前人未踏の密林を切り開き、遂に、薬事飲料「ユニバG」を誕生させた。(中略)私はここに誓う。アジア人民のため、この身が朽ち果てる迄、一命を持って、この身を捧げ尽くす・・・



そんな大神源太の兄貴の熱き思い、皆さんは受け止めることができますか?漢なら、きっとできるはず・・・お待たせしました。「ユニバG物語」後編・・・別名、「源様セクシー巨編」です。(前編はこちら



ユニバGの原料となる幻の天然バナバ葉を求めて過酷なジャングル探検が続く源様一行。次第に日も暮れ始めこの日の探検は終了。明日はさらに過酷な探検が待っているに違いない!



 フィリピンの夜明け
そしてジャングルにも夜明けが来た。



 こ、これは・・・

バーン!



 何の構えだよ・・・

この人・・・なんで脱いでるんだ??



 マッスル源太

呆気にとられているJ君をよそに謎の構えから筋肉ムキムキポーズへ移行





 力有り余ってます

そして、腕立てふせ

朝練だ・・・この人はフィリピンのジャングルで朝練を開始したのだ・・・。いついかなる環境でも毎日のトレーニングは欠かさない。それこそヒーローの証。さすがです。





で、まだセクシー映像は続いています。



 なぜか半裸

ジャングルを半裸でランニングする源様。



 

そして手ごろな枝を発見したと見るや、



 けんすいタイム

唐突にけんすいを開始。いつまで続くんでしょうか・・・



 

見よ!この鍛え上げられたマッスルボディーを!

源様 (;´Д`)ハアハア





そんなこんなで全アジア人民の度肝を抜くジャングルでの早朝練習が終了。そして付き人に・・・





 セクシータイム終了

「おい!服持って来てくれ!」

服着るんだったらはじめっから脱がなきゃいいのに・・・。っていう話ですが、そこはそれ、世界平和統一のためです。そして、トレ-ニングが終了した源様に、付き人がそっと差し出すドリンク・・・



 ま、まさか!

「おっ!ユニバGか!」



 えー!

ゴクゴク・・・

( ゜Д゜)ポカーン



ユニバGを捜し求める探検中になぜかユニバGを思いっきり飲んでいるというこの矛盾。すげえツッコミどころだ・・・おいしすぎるよ源様。おいしすぎてどうツッコんだらいいのか分からないよ!





そんな矛盾を完全スルーしてなにごともなかったかの様にユニバG探しの旅は再開!

「よし行くぞ!」


 乳首見えてます

嗚呼、源様はどこへ向かうのか・・・



 

 ただ見てるだけです

そしてまたしばらく、野生動物の挿入映像と、源様のアップ中心のヌルい探検シーンが続行します。そして、探検も後半。源様一行の前に立ちふさがる激流!



 

・・・激流が。(すごい浅瀬)



 

あぁっ!源様が危ない!(すべってコケた)



 関係ないワニ映像

そして矢継ぎ早に挿入されるワニの(イメージ)映像。早く渡りきらないとワニが襲ってくる!・・・・はずも無く、安全に川を通過



 星飛雄馬?

そして、なにかを感じ取った源様の目には炎が・・・!



 普通に発見!

・・・あった!幻の天然バナバの木だ!これでユニバGを作ることができるのだ!



 すごいスーツです

そのまま特にオチも無く、なだれ込むようにフリィピンのユニバG製造工場のシーンへ。



 

完成したユニバGをグイグイ鼻に押し付けてご満悦の源様。金ピカ先生のようなスーツもイカしています。



 

キラーン!(商品紹介)





ところで!皆様、何か大事なことを完全に忘れてしまっていませんでしょうか?そう、ハリウッドスター、ジャンクロード・ヴァンダムがまだ出てきていません



 騙されてない?

そう、ヴァンダムは本編には出てきませんでしたが、CMのメイキングで登場です。



 

ユニバG イエァ!!

NGシーンで何度もユニバGを一気飲みさせられるヴァンダム。この人、自分でやってることがちゃんと理解できてるんでしょうか・・・心配です。



 



 

ユニバG イエァ!!

 皆さんも是非!

そして無事、ユニバGのCMは完成したのでした。








【おまけ】

ユニバGを飲んでみよう!



えーと、なぜかJ君の家にはユニバGのティーパックがございまして、飲んでみたいと思います。果たしてアジア救済の味はするのか??





ティーパックはこんな感じ





コップに入れてお湯を注いで見ましょう





おおッ!黄金色に輝く天然バナバ茶・・・・これがユニバG!果たしてどんな味がッ!



・・・・・うん、普通だな。

ウーロン茶とも緑茶とも確かに違うんですけど、これといったクセの無いおいしいお茶です。毎日ゴクゴクいけちゃいます。



結論、アジアの救世主・薬餌飲料ユニバGはわりと普通にいただけるお茶でした。

さあ皆さんも!ユニバG イエァ!!





おしまい。(アジア救済が)


■■■


参考) レビュー →   

     関連資料 →   

出典) 「ユニバG物語」 ジー、ユニバーサル