漫画

「ファミ魂ウルフ」 野生のカンで勝負だ!狼に育てられた少年のファミコンバトル

野生のカンで勝負だ!狼に育てられた少年のファミコンバトル「ファミ魂ウルフ」 「野生のカンがわいてきたぞーっ!!」 僕らが愛したファミリーコンピュータの発売(1983年)からまもなく40年が経とうとしています。高血圧、高血糖、高尿酸値の3Kとは無縁だった若かりしあの頃・・・1980年代のファミコンブーム全盛期はゲームだけにとどまらず、いわゆる「ファミ漫」と呼ばれるファミコンを題材とした...
2022.05.04
漫画

伝説の体操マンガ『空のキャンバス』が重すぎる……登場人物全員悲劇! 全員号泣! 

登場人物全員悲劇! 全員号泣! 伝説の体操マンガ『空のキャンバス』が重すぎる……(日刊サイゾー掲載2017/10/21)  日本を代表する男子体操選手といえば内村航平、そして白井健三。白熱する2人のライバル関係もあり、東京オリンピックに向けて、体操ニッポンの活躍が大いに期待できるところですが、マンガの世界で男子体操マンガっていうと……とても数が少ないです。しかしその中で突き抜けた存在の作品...
2022.05.10
漫画

「木曜日のリカ」 ノーベル殺人賞をとった唯一の女はゴルゴ13よりも凄腕か!?

ゴルゴ13よりも凄腕か!?ノーベル殺人賞をとった唯一の女「木曜日のリカ」 2022年2月、ロシアのウクライナ侵攻開始により世界情勢が一挙に不安定になりました。一方的に不利といわれるウクライナへの助っ人として世界各国から元軍人や凄腕のスナイパーが集結しているという情報もあり、マンガや映画の世界を超えるような出来事が起こっていますね。 ところで、日本を代表する凄腕スナイパーといえば「ゴルゴ...
2022.04.21
漫画

「マッチョテイスト」 時代はマッチョ!!男勝りな女のマッチョ名言が炸裂する、とにかくマッチョなマンガ

時代はマッチョ!!男勝りな女のマッチョ名言が炸裂する、とにかくマッチョなマンガ「マッチョテイスト」 マッチョだったら友達(ダチッコ)さ!! こんにちは腹筋ローラーで結果を出せない男、J君です。皆さん「マッチョ」って言葉、知ってますよね?古くはプロレスラー藤波辰爾が小学生のような歌唱力で歌う名曲「マッチョ・ドラゴン」に始まり、「細マッチョ」「ゴリマッチョ」みたいに筋肉質な意味で使われています...
2022.03.15
漫画

出来らあっ!「スーパーくいしん坊」 伝説のぶっ飛びメニューまとめ

皆様は「スーパーくいしん坊」をご存知でしょうか? 原作(原案):牛次郎先生、画:ビッグ錠先生というコンビで生み出されたグルメ漫画で、1982年から1987年にかけて「月刊少年マガジン」で連載されていました。「包丁人味平」「一本包丁満太郎」と並ぶビッグ錠3大グルメマンガの一つでもあります。 実は「美味しんぼ」や「クッキングパパ」よりも古いグルメマンガであり、その非日常感あふれるド級メニュー...
2022.03.19
漫画

「GIRLS BE…」美少女がオッサンみたいになって美少年にあんなこともこんなことも・・・「BOYS BE…」の性別逆転マンガ

まだこんなところに太巻きを隠し持ってたのかーー!! いきなり恵方巻きみたいな出だしですが今宵はクリスマスですね。こんばんは。海外ではターキー、日本ではケンタでおなじみ、なにかしらの鳥類を食うDAYであると同時に当サイトでは年に一度のお下品更新をする日でもあります。この企画、どうも2004年からやってるみたいです。17年もやってるのか・・・持続可能なサステナブルな下ネタで今年も頑張りたい所存...
漫画

「ゲームセンターあらし」に学ぶ、昭和レトロゲームの世界(後編)

文部省推薦のゲーム戦士が登場! こんにちは、昭和のおっさん大歓喜、平成キッズをおいてけぼりにすることでおなじみ当サイトがお送りする「ゲームセンターあらし」レビュー後編であります。前回はレジェンドゲームマンガ「ゲームセンターあらし」の概要を紹介しましたが、後編では更にディープに、作品のヤバい部分ばかりを煮詰めてご紹介していきたいと思います。 ■舞台装置に金かけすぎ、超豪快なゲーム対決シ...
2021.12.04
漫画

「ゲームセンターあらし」に学ぶ、昭和レトロゲームの世界(前編)

「ゲームセンターあらし、意外とゲーセンに行ってない説!」 みなさん、テレビゲームやってますか?現在圧倒的に品薄なPS5やら、新型Nintendo Switchの状況をみるとまだまだ据え置き型のゲーム機の需要って凄いんだなと思わずにいられませんが、J君をはじめとするOVER40な老兵からしますと、コントローラのボタンが多すぎるんですよ。LボタンとかRボタンまでならまだしも、なんなんすかZRと...
2021.12.03
ドラゴン星矢

中国4千年の歴史が生んだ魔のコラボレーション「ドラゴン星矢」(聖闘士与七龍珠) 氷河編

2021.11.20
ドラゴン星矢

中国4千年の歴史が生んだ魔のコラボレーション「ドラゴン星矢」(聖闘士与七龍珠) 瞬編

2021.11.20
ドラゴン星矢

中国4千年の歴史が生んだ魔のコラボレーション「ドラゴン星矢」(聖闘士与七龍珠) 紫龍編

2021.11.20
ドラゴン星矢

中国4千年の歴史が生んだ魔のコラボレーション「ドラゴン星矢」(聖闘士与七龍珠) 一輝編

2021.11.20
ドラゴン星矢

中国4千年の歴史が生んだ魔のコラボレーション「ドラゴン星矢」(聖闘士与七龍珠) 星矢編

2021.11.20
漫画

『疾風伝説 特攻の拓』“中二病”だよ、全員集合!? 伝説の暴走族マンガ

“中二病”だよ、全員集合!? 伝説の暴走族マンガ『疾風伝説 特攻の拓』 「“ムカつき”が止まんねーよ…」 なんだ、二日酔いか!? と思った方もいるかもしれませんが、違います。これは暴走族マンガのレジェンド『疾風伝説 特攻の拓』に出てくる名ゼリフのひとつです。 このマンガのどのへんが“レジェンド”なのか? 次々と登場する、スーパーサイヤ人級の強さを持ったヤンキーたちのバトル、そして一度見たら...
2022.02.21
漫画

「サクセス・ボーイ」 ゴン攻めビジネス立て直しマンガ

ゴン攻めビジネス立て直しマンガ「サクセス・ボーイ」 東京オリンピックがおわりまして、メダル数が史上最高だったし、「ゴン攻め」「ビッタビタ」という謎流行語も生まれる明るいニュースもありましたが、コロナ禍で激しく税金使い倒してこれから日本経済どうやって立て直していくんでしょう?というのも気になるところですよね。 先が見えない時は、ぶっ飛んだ漫画からヒントを得てみるというのが良いかもしれません...
2021.08.21
孤独のグルメ

「孤独のグルメ」 酒の飲めない日本人~下戸の憂鬱特集

「俺の食事に密はない」 by井之頭五郎 緊急事態宣言が解除されたと思ったら今度はマンボウになりました。と思ったらやっぱり緊急事態宣言すんのかい。せんのかい、宣言すんのかい! まるで吉本新喜劇のように緊急事態宣言のドタバタ劇が続く今日このごろですが、とにかくお酒はダメ、という相変わらず飲食店には厳しい環境です。そんな中「孤独のグルメ」で貫かれるゴローちゃんのニューノーマル対応型のグルメスタ...
孤独のグルメ

孤独のグルメ 人物相関図

孤独のグルメの人物相関図です。 こちらのイベントで使ったものなので一応久住先生とSPA!編集部公認・・・だと思う。 ■■■ 出典) 「孤独のグルメ」 「孤独のグルメ2」 久住昌之/谷口ジロー/扶桑社
孤独のグルメ

「孤独のグルメ」 原作マニア向け企画 単行本で修正された名ゼリフのビフォーアフター

「タコ・・・ノータコ、タコハダメデス」 こんにちは、銀だこが好きっていうと大阪の人に怒られるらしいので黙っているJ君です。 当サイトで過去に何度も紹介してきた「孤独のグルメ」の原作マンガ。2017年に谷口ジロー先生が亡くなられて未完の名作となりましたが、そのスピリットは松重豊さん主演の「孤独のグルメ」ドラマ版に引き継がれており、シーズン9も2021年7月から始まります。楽しみですね。 と...
2021.11.21
漫画

「駅前の歩き方」 富士宮やきそば、ゼリーフライ、ババヘラアイス・・・時代を先取りしすぎたB級グルメマンガ

ご当地グルメとかB級グルメという言葉が普通に使われるようになって久しいですね。皆さんはどんなご当地グルメが好きですか?J君は行田のゼリーフライが好きなんですけど、他の人から同意を得られたことがありません。美味しいですよゼリーフライ。ゼリー入ってないし。 ところで「ご当地グルメ」というワードがメジャーになったのはいつ頃からでしょうか?おそらく2006年から開催されたB-1グランプリの影響が...
漫画

犬が麻雀をするマンガ「無法者」がハイスペック動物マンガの新たな世界をこじ開けた話

ガウガウガウッ!!(リーチ一発ドラドラ!!) こんにちは、J君です。久しぶりの更新ですが今回ご紹介するのは麻雀マンガです。J君は麻雀をやらないのでルールもよく分かっておりません、それなのになぜ今あえて麻雀マンガを紹介するのか?理由は単純明快。どうしても紹介したいマンガがたまたま麻雀マンガだったからに他なりません。 以前当サイトでは、船を麻雀牌に見立てて海の上で麻雀をするという無駄にスケール...
2022.02.16
漫画

突然の三国志談義にもスマートに対応! サクッとわかる『三国志』入門講座

突然の”三国志談義”にもスマートに対応! サクッとわかる『三国志』入門講座(2018/11/21日刊サイゾー掲載) 日本人が大好きな歴史マンガの代表作といえば、なんといって横山光輝先生の『三国志』、通称“横山三国志”ですよね。『三国志』こそニッポンのビジネスマンの嗜み、とばかりに日経新聞が“横山三国志”をネタにしたCMを展開したりしており、知っている人には笑えるが、知らない人にはなんのこと...
2021.08.17
じゃまおくん(jkun)をフォロー
タイトルとURLをコピーしました